You are currently viewing 真のマルチドライバーイヤフォン

真のマルチドライバーイヤフォン

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:Column

イヤフォン

ステレオのイヤフォンは、左と右と別々の信号で処理を行い、別々の音が鳴っています。
 

一般的なマルチドライバーイヤフォン

※低音用と高音用、複数のドライバー

  • DAC/AMP段からステレオ(左と右を分けて)処理を行い出力
左と右の音声をイヤフォンへ送信(イヤフォン本体まで音声信号は1つし、イヤフォン内の抵抗やコンデンサーなどのネットワーク回路で低音用と高音用に分けてドライバーへ配線して音を鳴らす。
 

真のマルチドライバーイヤフォン(Qudelix QXオーバーイヤフォン)

※低音用と高音用、2つのドライバー
  • DAC/AMP段から左と右だけでなく、更に低音用と高音用を分けて処理を行い出力
  • 左側と右側のそれぞれに、低音用と高音用、2つのドライバーへ別々のケーブルで送信
イヤフォン内にアナログ回路のネットワークが無いので、コンデンサーや抵抗など本来必要の無いパーツが不要。(パーツ自体による位相歪みなどが無く、音質が低下しない
ネットワーク回路が不要なので、イヤフォン内部の空間を音質に特化した設計ができる。
 
DAC/AMPの段階で左側の低音、高音。右側の低音、高音と、4つの音を分けて処理し、ケーブルも分けてイヤフォン内のドライバーへ直結配線して鳴らす。
途中に余計な抵抗やコンデンサーが無いので、当然クリアーで音質は劣化しない音質アップ
 
 

真のマルチドライバーイヤフォン

ステレオ音源 → マルチDAC/AMP → マルチ配線 → マルチドライバー 
 
この画期的な、4ch DAC/AMP → ステレオ高域・低域別配線再生イヤフォンが、Qudelixの5KとQXのセットで実現します。
 
スマホならBluetoothで、パソコンならUSBで、4ch DAC/AMPで真のマルチドライバー再生を聴いてみてください。
 
真のマルチドライバーイヤフォン 1
真のマルチドライバーイヤフォン 2
QX-OverEarphoneText

イヤフォン本体内部のドライバーまで、低音と高音を別々のケーブルで配線