You are currently viewing X5-HPAテスト中

X5-HPAテスト中

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:Column

ほぼ完成の域に達してきました。

JAVS X5-HPA
プリアンプに重要な音量調整部はR2Rボリューム

アナログノブで操作するボリュームでも、ノブの回転をADCでデジタル値で読み取り、64段階で減衰処理。

リレーのボリュームとは異なり、ほとんどアナログボリュームのように素早く操作できます。

ノイズ、音質劣化、左右の偏りを解決する方法で、リモコンにも対応しています。

JAVS X5-HPA
新開発のディスクリートOPAMP
JAVS X5-HPA

JAVS新型ディスクリートOPAMPはシングルエンドに搭載してテスト中。
シングルエンドでも十分な出力で、1つのアンプで2種類の音色を楽しめます。

JAVS X5-HPA
プリ出力もXLR、RCA独立アンプ構成

OPAMP交換も可能

JAVS X5-HPA
2つのスーパーキャップモジュール

X5-HPAの安定した電源をバックアップします。
容量が大きいので電源オフ後もLEDがしばらくの間消えません。
※OPAMP交換の際ご注意ください


X5-DAC-Femto-MQA(未発売DAC)では2Vrms(1.8Vrms)出力をサポートします。
2Vrmsソース機を接続してもヘッドフォン出力に十分です。

X5-HPAではXLRソース機を接続すると最大のヘッドフォン出力が得られます。
最大8Vrmsまで入力可能で、モンスター級の出力をサポートします。

  • 出力インピーダンス:0.1/33/120
  • 両電源:±10V(20V)
  • 入力段OPAMP:OPA1611 X6(交換不可)
  • 増幅段OPAMP:OPA1612 x2(交換不可)
  • ヘッドフォンデュアルOPAMP:未定 x3(交換可)
  • プリアンプ段OPAMP:未定 x3(交換可)

電源仕様
12V/1.1A、標準再生時 14W、大音量時 1.5A/18W
12V/1.8A、電源投入時スーパーキャップ充電 22W

OPAMP交換

X5-HPAスーパーキャップモジュールがあり、電源オフ後も1分以上経ってから交換してください。

JAVS X5-HPA
OPAMPレイアウト