ポタ研2017冬、LZ Hi-Fi Audio「LZ-A3S」・「LZ-A4」先行限定販売

TSH corporationは、ポタ研2017冬に出展し、LZ Hi-Fi Audio製イヤフォン「LZ-A3S」および「LZ-A4」を先行限定販売を行います。
なお、LZ Hi-Fi Audio「LZ-A3S」、「LZ-A4」は2月中に発表、発売を目標に準備を進めております。

※LZ Hi-Fi Audioイヤフォンの限定先行販売を行います。

今月中に発表予定。日程は未定です。

LZ Hi-Fi Audio「LZ-A3S」

予価:税別19,800円

LZ Hi-Fi Audio「LZ-A4」

予価:税別24,980円
http://lzhifiaudio.com/lz/?page_id=10

 

TSH corporation展示予定イヤフォンブランド

TSH corporation / 株式会社七福神商事
http://www.tsh-corp.com/
〒335-0004 埼玉県蕨市中央2-27-4
お問い合わせ
http://www.tsh-corp.com/?page_id=39
/協力:zionote

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

MJ 無線と実験:3RUSBRenaissance

■ MJ 無線と実験 2017年3月号(2/10発売)

IDEONaudioの3RUSBRenaissanceが新製品ニュースに掲載されてます。

3RUSBRenaissanceは、USBオーディオのための音質向上デバイス。
USBの信号、USB電源、USBクロックを高精度に復活:Renaissanceする、USBノイズフィルターを超えた画期的な製品です。

□ 3RUSBRenaissance

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

ポタフェス仙台に参加、LZ Hi-Fi Audio取り扱い、業務提携のお知らせ

独自開発BAユニットのイヤフォン「EARNiNE」を展開するTSH corporationは、LZ Hi-Fi Audio製イヤフォンの取り扱いを行い、ポタフェス仙台に出展致します。

ポタフェス2017 SPRING&SUMMER 宮城・仙台

2017年2月5日(日)、11:00~18:00
https://www.paudiofes.com/2017/01/18/今年初のポタフェスは仙台で!/
仙台国際センター

 

TSH corporation展示予定イヤフォンブランド

  1. LZ Hi-Fi Audio(ホームページ準備中)
  2. EARNiNE
  3. UCOTECH

TSH corporation & zionote

独自開発のBAドライバーや搭載イヤフォンブランド「EARNiNE」などのオーディオ事業を行うTSH corporationとzionoteとで提携することとなりました。

LZ Hi-Fi Audio

提携事業の第一弾がLZ Hi-Fi Audioのイヤフォンとなります。
両社の得意分野を合わせ、今まで以上に優れた製品を提供できるよう、更にこれまで以上にご満足いただけるよう、一層努力して参ります。
今後ともご支援いただけますようお願い致します。

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

フェムト(Femto)、千兆分の一

ミリ、マイクロ、ナノ、ピコ、その次がフェムト。

0.000 000 000 000 001
ノルウェー語の15、femten (フェムトゥン)が語源。ゼロの数ですね。
5がfem (フェム)、10がti (ティー)。

なぜ小さい単位について書くのか。

昨年に開発が終わり、調整を進めているラインに、このフェムトの単位が登場するためです。

※5人目のゴッドハンドではありません。

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

オープン型のイヤフォン(UBIQUOのスタート)

「オープン型のイヤフォン」
ekklesiaのブログからの転載

古いイヤフォンのスタート?

2012年3月3日、オープン型のイヤフォン3種類を発売しました。
当時はオープン型イヤフォンは昔からある古いイヤフォンで、新しいカナル型はオープン型より音が良いけれど値段が高い、という雰囲気がありました。

UBIQUOはES503、ES505、ES703の3機種でスタートし、その3機種が全てオープン型。

「今時オープン型?」
「オープン型で4000円もするの?」

第一印象はこのような意見がほとんどでした。

音楽プレイヤーや携帯電話を買えばイヤフォンはオマケで付いてくる時代。
付いてくるイヤフォンの音が良いか悪いかを気にする事さえほとんど無く、壊れたり無くしたら仕方なく電器屋へイヤフォンを買いに行く程度。

満員電車でイヤフォンの音漏れが原因で口論や迷惑問題になる時代。
更には地下鉄など騒音でオープン型イヤフォンでは音楽を聴きたいように聴けないという問題もあり、新しく登場してきたカナル型は音漏れも周囲の騒音も改善できるので、オマケで付いてくるオープン型、製品でイヤフォンを買うならカナル型、といった状況の中でUBIQUOのオープン型イヤフォンは登場しました。
そのため、今時オープン型?オープン型で4000円もするの?とは自然な意見で、なんでそんなイヤフォンをやるの?と聞かれるのも当然でした。

どうしてオープン型イヤフォンをスタートしたか

どうしてか、答えは簡単で、音が良いから。
音が良いのに安いから。

【BARKS編集部レビュー】
インイヤー開放型イヤホンの決定版、UBIQUOの放つ極上サウンド

「今時オープン型?」
オープン型が古い、カナル型は新しい。間違ってません。
でもオープン型は音が悪く、カナル型は音が良い、という訳ではありません。

「オープン型で4000円もするの?」
100円でも4000円でも、オープン型とカナル型に関係ありません。

今時のオープン型

UBIQUOのオープン型イヤフォンは3機種とも大ヒットとなりました。
輸入と出荷の量が増えすぎてzionoteでは処理しきれず、一時的にMP3プレイヤーメーカーのCOWONジャパンに輸入販売を委託した程でした。

オープン型イヤフォン専門?

UCOTECHはオープン型専門メーカーというわけではありません。
世界最大と言われるイヤフォン&ヘッドフォンメーカーで開発責任者だったエンジニアが作ったブランドです。
カナル型イヤフォンはIM100、IM300Aise、IL300Affetto、IL500graziosoを完成させています。

大ヒットしたUBIQUOイヤフォンのメーカーUCOTECH。

カナル型、IL300Affetto、IL500grazioso。
オープン型、ES1103Grandiose、ES1003Diva。

見かけたらちょっと聴いてみてください。

 


ここまで読んでいただいて、ちょっと裏話を。

  1. 2011/10/27 ヘッドフォン祭りで来日したVICJOHNAUDIOのジョンさんから、西新宿のマクドナルドでUBIQUOイヤフォンを聴かせてもらう。取り扱い決定。
  2. 2011/11/16 UCOTECHから初回出荷
  3. 2011/11/20 e☆イヤホンのブログ掲載
  4. 2012/2/21 品質向上と調整を進めて2012年3月3日に発売
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/513409.html

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

zionoteの一年

  1. ヘッドフォンアンプ内蔵USB-DAC、Styleaudio CARAT-PERIDOT
  2. フルバランス超低ジッターハイエンドDAC、AITLAB AIT-DAC-ZN1
  3. EXS X10Dynamic
  4. ヘッドフォンアンプ内蔵USB-DAC、Styleaudio CARAT-RUBY3
  5. WAP搭載フルバランスDAC、Waversa Systems WMiniDAC
  6. デュアルバッテリー内蔵オーディオ用ハブ、Waversa Systems WSmartHub
  7. WireDream WD-USB-BF-MICROBM2
  8. UCOTECH IL500grazioso
  9. WAP搭載プリメインアンプWaversa Systems WMiniAMP
  10. オーディオ用NAS、Waversa Systems WMiniNAS
  11. SONOCOREイヤフォン、IRI CSR100、LX10、KELLAN601

今年は新製品が少なかったような気でいましたが、数えたら13機種。
久しぶりのUSBアクセサリーで、IDEONaudioの3RUSBRenaissanceも明日発売です。
※ちなみに今日も明日も普通に出荷です

今年は、イヤフォンの仕事をekklesia、Waversa Systemsの仕事も別に分けました。
これは販売先や売り方が違うのと、メーカーの意向と、zionoteとして仕事の切り換えを考えたためです。

考えていた半分もできなかったこと、思った以上にできたことがありました。
でも、全体的にはどれもが半分もできてなかったようにも思えます。
今年は準備、来年は再始動といえる年にしたいです。

今年もお陰さまでzionoteを続けることができ、ありがとうございました。至らない点もたくさんあり申し訳ありません。

来年もよろしくお願い致します
良いお年をお迎えください

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

USBオーディオルネサンス、IDEONaudio 3RUSBRenaissance発売

zionoteは、アテネハイエンドショーでハイエンドサウンドと評価され初日完売となった、USBの信号、クロック、電源の再生でUSBオーディオの音質を向上する、IDEONaudio「3RUSBRenaissance」を2017年1月1日に税込32,400円で発売し、オーディオのコミュニティサイト・音ノートにて限定先行販売を行います。

ギリシャのIDEONaudioから、USBオーディオのルネッサンスが登場しました。
アテネのハイエンドオーディオショーで大好評だった最新USBオーディオデバイスです。
デジタル再生がハイエンドに変わると話題が高まり、初日の26日に完売したのが、IDEONaudioの3R USB Renaissance。

Athens High End Show
http://highend.show/

USBオーディオの音質向上!

信号、クロック、電源を向上させてUSBオーディオの音質を向上させます。
ハイビット・ハイサンプリングのハイレゾ音源やDSDはもちろん、CD音源、低解像度のyoutubeや音楽ストリーミングサービス(amazonプライムミュージック、Apple Music、Spotifyなど)の音質を向上します。

3R:Re Drive – Re Clock – Re Generate

Re Drive + Re Clock + Re Generate。
USB信号とUSB電源の単なるノイズフィルターではありません。
信号のリドライブ、そしてリクロック、リジェネレート。

3つのR

Re Drive
Re Clock
Re Generate
再+誕生、ルネサンス。
3R USB Renaissance、その名が動作と効果を現します。

3Rはどこでも全てのオーディオシステムで

どのパソコンのUSBでも、デジタルオーディオの音質を向上させ、USBヘッドフォンアンプ、USB-DAC、USB-DDC、USB-ADCで活用できます。

音質の向上

3RUSBRenaissanceはUSB信号を大幅に改善します。
低ノイズ電源を高品質に生成し、低ジッター発振器によって信号のリクロックを行い、USBの電源も信号も高精度に再生成し出力します。

Re Generate

Re Drive、そしてRe Clockによる結果として、情報量が増えてもリラックスしたHi-fiサウンド、非常に大きなサウンドステージ、低音も高音も再現性が向上し、あらゆるシステムでハイエンドなパフォーマンスを提供し、音質の向上が容易に判断できるアップグレードが得られます。

音ノート限定先行販売!

オーディオコミュニティサイト・音ノートで、32,400円のところ27,400円で限定販売!
http://otonoto.net/event/3759
※音ノートは2017年1月1日正式オープンに向けて現在テスト運営中です。

画像はご自由にお使いください。
------------------------------
IDEONaudio 3RUSBRenaissance
(イデオンオーディオ スリーアールルネサンス)
http://www.zionote.com/2012/ideonaudio/
2017年1月1日発売
税込\32,400

・zionote直販サイト(zionoteDirect)で販売
http://shop.zionote.com/?pid=111609239

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

テスト順調!3RUSBRenaissance

zionoteのテストメモ
  • 第一に低音が聴き取りやすくなり、音全体が非常に安定する。
  • SNが向上し、セパレートも向上。これほどのUSB向上デバイスは初めての経験。
  • ボーカル、ピアノ、サックス、ギター、1つ1つの音がブライトかつクリアーになる。
  • 表情のある音の向上が素晴らしい。

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

いろいろと