PCオーディオ音質向上!/tX-USBexp&FanNoiseFilter2

tX-USB

PCオーディオでもっと音を良くするために、ドライバー設定や再生ソフトの設定でバッファーやドライバー形式を変更する方法もありますが、大幅な向上にはなりません。

PCオーディオでノイズ源となって音質向上では無く音質劣化を起こしているのはモーターとメモリーが大きな原因です。

モーターはCDドライブやHDD、そしてデスクトップパソコンの場合は冷却ファンに大きなモーターが入っていて、ノイズも盛大に発生しています。

HDDではなくSSDだからモーターは無いというパソコンでも、メインメモリー同様に、形式は異なっていてもSSDはメモリーなので、HDDとは違ったノイズがかなり盛大に出ています。

FanNoiseFilter2_1

はじめの一歩

ノイズフィルターを使う場合、多くのパソコンで最も効果が大きいのが冷却ファンに付けるFanNoiseFilter2です。
とても小さく、価格も最も安いモデルですが効果は最も大きいです。
CPUファン、ケースファン、付けられるなら全てのファンに試してほしいです。最初に1個だけで、どこに付けるのが効果が高いか試すのをお勧めします。

USBオーディオ音質向上

PCオーディオがUSB接続の場合、USBケーブルや電源にこだわるのも方法ですが、パソコンのUSB出力をオーディオグレードにアップグレードする方法があります。
SOtMのtX-USB、そしてtX-USBexpはパソコンの内部基板に取り付ける拡張ボードでUSBポートを増設します。
パソコンの内部基板(マザーボード)にあるUSBポートよりも、高精度なUSB信号、高精度なUSB電力を出力し、USBオーディオのための優れた出力を行います。

tX-USBexp

いくらUSBケーブルがよくても、パソコンから出力される信号が良くなるわけではありません。パソコンから出力された信号を、できるだけ劣化させず、そのまま接続するだけです。
高音質再生ソフトを使っても、USBケーブルが良くても、USB-DACが良くても、パソコンのUSBポートは普通のパソコンのままじゃもったいないです。

取り付けは結構カンタン

マザーボードがPCIスロットならtX-USB、PCIexpressスロットならtX-USBexpが使えます。
内部基板への取り付けが難しいと思うかもしれませんが、ケースのフタを開けて取り付けるだけです。
携帯電話の電池やSIMカードを入れるのと大して変わりません。

高音質プレイヤー、tX-USB、USBケーブル、そしてUSB-DAC。
tX-USBはUSB出力のカードなので、USBケーブルと同じくUSB-DACが変わっても使えます。
普通のパソコンをUSBオーディオPCに変えるカードです!

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

(Visited 1,877 times, 4 visits today)