foobar2000でDSD再生

foobar2000でDSD再生 (X-DAC-HDSDX3-HDSD-DACX3-HDSD-HPA

WindowsでDSD再生を行うには有料オンラインソフトのJRiverMediaCenterが安定していて設定も簡単です。
無料のオンラインソフトでもfoobar2000を使えば、設定が少し難しいですがDSD再生が可能です。
ですがfoobar2000は安定性に多少問題があり、プチノイズが出やすい場合もあります。

foobar2000 DSD再生設定方法

※foobarは無料オンラインソフトです。お問合せなどzionoteでサポートはできませんのでご了承ください。

まずはダウンロードとインストールです。

1. ドライバーをダウンロードし、インストールします。

2. foobar2000をダウンロード(http://www.foobar2000.org)してインストールします。
参考ページ(http://foobar2000.xrea.jp/)

3. foobar2000のASIOコンポーネントをインストールします。
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_asio
ダウンロードしたら実行し、画面の指示どおり進めるとfoobar2000が再起動します。

140210_02

4. foobar2000のSACDコンポーネントをインストールします。
http://sourceforge.net/projects/sacddecoder/files/foo_input_sacd/
・最新版をダウンロードして解凍後、ください。
・foo_input_sacd.dllファイルをfoobar2000のcomponentフォルダにコピーします。
・同じフォルダーにあるASIOProxyInstall.exeを実行します。

140210_01

インストールが終わり、続いて設定です。

1. Foobar2000を起動します。

2. File → Preferenceを選択します。

140210_03

140210_04

3. Outputをクリックし、右側の項目にあるDeviceでASIO:foo_dsd_asioを選択し、OKをクリックします.

140210_05

4. 再度Preferencesを選択し、Outputを選択したその下にあるASIOを選択後、右側画面にあるASIO driversでfoo_dsd_asioをダブルクリックします。

140210_06

5. 図の設定ウィンドウが開きます。

140210_07

6. ASIO DriverはJAVS XMOS ASIO Driver(機種ごとのドライバーを選びます。XMOSの部分が「DAC」、「DDC」、「AUDIO」の場合があります)を選択し、DSD Playback MethodはDoP Marker 0x05/0xFAを選びます。
PCM to DSD Method:PCMをDSDに変換して再生する機能です。
変換しない場合は“NONE”にします。変換したい場合はSDM Type AでFsをDSD64またはDSD128に設定です

7. Preferencesを開き、左側のメニューにあるTools → SACDを選択します。

140210_08

図のように設定してセッティング完了です。

140210_09

 

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

(Visited 8,332 times, 1 visits today)