USBオーディオはUSB3.0で使えない?

「hiFaceTWOについて」や「X-DDCについて」とお問い合わせいただく際に、「今お使いの機器で何か問題がありますか?」と聞くと、多くの方が「ノイズが出るからUSB部分を換えたい」とおっしゃいます。

再生ノイズの原因の多くはパソコン側

お使いのUSB-DACの機種を聞き、パソコン環境を聞くと、ドライバーや再生ソフトの設定で多くは解決します。

ドライバーのバッファーやレイテンシー、省電力設定、再生ソフトで周波数変換を行っていたり、先読みやバッファー設定などです。

ギガビットイーサなどをお使いの場合、接続するUSBポートが、そのLAN機能とリソースを共有してる場合にプチノイズが出る場合もあります。この場合はUSBポートの差し替えだけで改善する場合もあります。

こういう場合は、USBポートの差し替え、それでも駄目なら違うパソコンで試す。これでパソコンの問題かオーディオ機器側の問題かを切り分けできます。

 

USB3.0のパソコンはUSB2.0のオーディオ機器を使えない?

問題はUSB3.0です。
Macの新型はUSB2.0が無くなってUSB3.0のみになりました。
USB3.0はUSB1.1やUSB2.0も使えるはずで、それでMacもUSB3.0のみになったわけですが、何が問題かと言えば、USBオーディオ製品をはじめ、USB2.0製品の互換性があまり高くないというのが現況です。

それで他社のUSB-DACをお使いの方が、hiFaceTWOやX-DDCなら大丈夫かとお問い合わせをいただきます。

※zionote製品も同じく他社さんのサポートに質問が行ってる場合があるかもしれませんが、うちにお問い合わせいただければ、知ってる範囲の内容はそのままお答えしますので、無駄な出費やお手間をできるだけとらせないように努力します。

この場合、「大丈夫」とも「駄目」ともひと言で回答ができません。
USB3.0だから動かないとも言い切れませんし、大丈夫とはもちろん言えません。
しかし実際にパソコンのUSB3.0ポートにUSB2.0対応のUSBオーディオ機器を接続して正常に使えない場合が多いようです。

方法が無いかと言えば、USB2.0仕様のUSBハブを使うと解決する場合があります。
USB2.0のハブならパソコンのUSB3.0ポートでも高い確率で、まず間違いなく動作します。
このUSBハブ経由でUSB2.0仕様のUSBオーディオ製品を接続します。

もちろんこれで確実に動作するとは言えません。
しかしUSB-DDCを買い足すよりも安く手軽に試せますし、USBハブが1台あって無駄になることも無いはずです。
USBハブはバスパワーではなくACアダプター付きのセルフパワーモデルを選んだ方が良いです。

ELECOM USBHUB2.0 スマートハブ 4ポート 1m シルバー U2H-TZ410SSVELECOM USBHUB2.0 スマートハブ バスパワー 4ポート 1m ブラック U2H-TZ410BBK

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

(Visited 5,045 times, 4 visits today)