Service

S4

指紋センサー

指紋センサーを使った会社、塾、学校、レッスン教室等の入退出管理例

S5

超音波センサー

超音波センサーを使った飲食店等のお客様が椅子に座ったらわかるシステム
s1

光センサー

s2

指紋センサー

指紋センサーを使った会社、塾、学校、レッスン教室等の入退出管理例
S5

超音波センサー

超音波センサーを使った飲食店等のお客様が椅子に座ったらわかるシステム

s1

光センサー

S4

指紋センサー

指紋センサーを使った会社、塾、学校、レッスン教室等の入退出管理例

S5

超音波センサー

超音波センサーを使った飲食店等のお客様が椅子に座ったらわかるシステム

s1

光センサー

test 2

端末機器などの企画開発では、調査・仕様・試作品・確認・修正・検査・量産・試験の工程となり、ちょっとした端末機器でも現状では資金を十分に用意する必要がありました。
アイデアはあるが資金調達などの問題でなかなか着手できないのが現状となります。このような企画開発はこれまで豊富な資金に支えられた企業が行ってきました。
最終量産までを最初から考えるのでなく、まず、「アイデアを形にしたい」・「動くものが欲しい」、実物を目にしてアイデアの再確認、動作確認をした上で最終的な判断を下し、次のステップに進みたいご要望が多くあります。
弊社は、その「試作品が欲しい」、「動く機器が欲しいのご要望に低予算・短期納期でお答え致します。
仕様書不要!、センサー部品・表示部品・駆動部品・通信部品、フェリカ等を用いて機器の試作品を製作致します。
オリジナルなアイデアをお持ちの方は、イメージだけでも十分です。まずはご相談下さい。

test 3
test 4
test 5
test 6
test 7
test 8

製作事例 → 試作品15日間、修正訂正20日間(数回)、量産1ヶ月半、検品2週間

test 9

「ポイントカード管理ができる端末を作って欲しい」とお客様よりご依頼がありました。
まず口頭レベルの話からスタートして、「Tポイントカード」のような物との話で仕様書は当初ありませんでした。お客様と一緒になって仕様書を作り進めて最終量産まで行いました。

このポイントカード端末は、飲食店・小売店等にポイント端末を設置して、お客様にポイントカードを配布、料金に応じてポイントの増減を端末で操作、インターネットでポイントの応じた商品と交換できるシステムとなります。

試作品6台のご注文でした。最初は1台のみ試作品でしたが、追加で5台試作品を作りました。
お客様で試作品端末を社内外に配り評価をして試作品の修正更新を繰り返して、最終ご要望の端末に仕上げました。その後、量産のご注文も頂き500台生産しました。

詳しくは、こちら

電子機器・IoTの試作は、ソフトウェアやサーバーの開発を含めたシステムの製作も行います

試作品端末機器製作では、機器・機械などの開発と、ほとんど必要になるソフトウェアの製作を一貫した試作をしております。

例えば、センサーを使った監視システムを試作する場合、センサーが感知した後どのような動作になるのか、と言ったソフトウェアプログラムを開発する必要があります。これにより、感知した後警告を出すランプがなったり、お持ちのスマートフォン等に電話や、メールが自動的に飛ぶようになる、などの環境を構築する事ができることになります

ITによるソフトウェアと、電子機器・機械によるハードウェアの製作、すなわちIoT製品で、あらゆる業界の物事の自動化が可能といえるのです。

しかし、大きな問題がそれを開発するための予算になります。全ての企業様では量産の話がありきでないと、企画が進みません。規模で言うと百万、千万というところがほとんどで、まずどのような物になるのか形にしたい、ということも出来ません。

試作品端末機器製作では、このイメージを形にしたいといったとりあえずの実物物の製作を行っております。
農業、管理業、建設業、通信業、飲食業等など、あらゆる業界の方からお声がけを頂いており、様々なアイデアをお持ちだと日々感じております。このようなアイデアをそのままにしておくのは大変もったいないです。イメージを明確化するためのご相談からお待ちしております。

test 10

各種センサー

試作品端末機器製作では、機器・機械などの開発と、ほとんど必要になるソフトウェアの製作を一貫した試作をしております。

例えば、センサーを使った監視システムを試作する場合、センサーが感知した後どのような動作になるのか、と言ったソフトウェアプログラムを開発する必要があります。これにより、感知した後警告を出すランプがなったり、お持ちのスマートフォン等に電話や、メールが自動的に飛ぶようになる、などの環境を構築する事ができることになります

ITによるソフトウェアと、電子機器・機械によるハードウェアの製作、すなわちIoT製品で、あらゆる業界の物事の自動化が可能といえるのです。

しかし、大きな問題がそれを開発するための予算になります。全ての企業様では量産の話がありきでないと、企画が進みません。規模で言うと百万、千万というところがほとんどで、まずどのような物になるのか形にしたい、ということも出来ません。

試作品端末機器製作では、このイメージを形にしたいといったとりあえずの実物物の製作を行っております。
農業、管理業、建設業、通信業、飲食業等など、あらゆる業界の方からお声がけを頂いており、様々なアイデアをお持ちだと日々感じております。このようなアイデアをそのままにしておくのは大変もったいないです。イメージを明確化するためのご相談からお待ちしております。