zionote出荷数ランキング2014・DDC

5位 SOtM dX-USB HD

dX-USBHD_1
zionoteでUSB Audio Class 2.0仕様に対応した最初のUSB-DDCがdX-USB HD。そこからもSOtMの技術の高さが分かります。
USBバスパワー、外部電源対応、mBPS-d2s対応、電源カットUSBケーブル使用可能。考えられるUSB-DDCの要求全てを叶える理想的なスペックを誇ります。

4位 JAVS nano/V

nano-v_a_
小型のUSB-DAC&DDC&ヘッドフォンアンプのnano/V。
USBバスパワーでACアダプター不要。USBケーブル感覚で使えるUSB-DDCです。
小型で低価格ながら、ワンチップICで済ませる簡易設計ではなく、USBコントローラ-、DAC-IC、OPAMP、クロックと、本格オーディオと同じ構成によって高音質を実現しています。
動作がド安定なのでLinuxで使ってる方がかなりいらっしゃるようです。

3位 JAVS X-DDCplus

x-ddc_001

終了モデルながら、2014年初頭の出荷量が多かったのでトップスリーに入っちゃいました。それくらいX-DDCシリーズは好評です。
X-DDC、X-DDCplusと進化を続け、夏にはX-DDC-Reserveとして完成しました。

2位 Styleaudio CARAT-T4

Carat_T4_11
 StyleaudioのUSB-DDC、CARAT-T2がT4となって登場しました。
StyleaudioがUSBオーディオにこだわるアイソレーターを搭載し、T2から長期間にわたる音質チューニングを経て完成しました。
音質の高さで好評ですが、1位が強すぎました。

1位 JAVS X-DDC-Reserve

1414458639578-I72865CV

X-DDC-Reserveが2014年DDC部門1位!
DAC部門のX3-HDSD-DAC、ヘッドフォンアンプ部門のX3-HDSD-HPA、そしてX-DDC-ReserveのDDC部門で三冠達成!
X-DAC-HDSDの技術を活かして設計してますが、アップサンプリング、リクロックと、USB-DDCとしての完成度を高めてます。
相変わらずこの価格でこの性能、JAVSのコストパフォーマンスは最高峰です。

この記事を読まれた方が読んでいる記事: