LogitechMedeaServer(LMS)でDSD再生

2015年1月9日 オフ 投稿者: zio

2015-01-09_10h17_21

LogitechMedeaServer(LMS)は7.7.5が公開されてますが、ベータ版は7.8も公開されています。
更に!実は1年近く前に7.9も公開されていて、LMS7.9はDSD再生対応!

zionoteのテスト環境はNASにLMSをインストールして、パソコンを使わずにsMS-100につなげたUSBオーディオで再生させてます。
ベータ版のLMSはメインのNASではなく、テスト用のWindowsにインストールしてます。Windowsの他に、MacOS、Linux版も公開されてます。

LMSはiTunesのようにとても簡単にインストールして使えるのでお勧めです。
操作はWebブラウザやスマートフォンやタブレットから行えるので、パソコンを使いたい場合でもパソコンが無くても自由に高音質再生が可能です。

メディアサーバーと言う名前から、サーバー?難しい?と感じるかもしれませんが、実際はfoobarなど再生ソフトと同じです。

  1. ダウンロード
  2. インストール
  3. 曲があるフォルダー指定
  4. 再生機器の指定
  5. 再生操作

これだけです。WASAPIやASIOなどドライバーやバッファー設定が無いのでWindowsでfoobarや、MacでAudirvanaを使うより簡単で安定している程です。
そして何より肝心な点は、音が良い!
WindowsやMacで頑張るよりも、音楽再生専用に開発したSOtMのsMS-100は更に簡単で高音質。
使うのが簡単か難しいかと言えば、電源を入れたら、簡単なLMSで再生するだけ。最新版はDSDも簡単再生。
USBオーディオ機器はUSB Audio Class 2.0対応機器を自由に使えます。
M2TECH、Styleaudio、JAVS、SOtM、他にもどのメーカーの製品でもほとんどUSB Audio Class 2.0仕様のはずです。
好きなUSB-DAC、USB-DDCを使って、簡単&高音質で安定動作の再生環境の完成です。

LMS使用例(Windows)

  1. ダウンロード
    LogitechMedeaServer(LMS)7.9のダウンロード
    バージョン遍歴
  2. インストール
  3. ダウンロードしたファイルを実行。
    2015-01-09_10h12_04
  4. 言語を選択。
    2015-01-09_10h12_26
  5. [Next]をクリック
    2015-01-09_10h12_34
  6. インストールが進行
    2015-01-09_10h12_40
  7. [Finish]をクリック
    2015-01-09_10h13_36
  8. LMSを起動
    2015-01-09_10h17_21
    2015-01-09_10h13_58
    この赤文字が表示された場合は、右クリックから管理者モードで実行。
  9. 曲ファイルがあるフォルダーを指定。
    2015-01-09_10h44_12
  10. WebブラウザでLMS再生。
    パソコンのWebブラウザの他にもスマートフォンやタブレットのアプリからも再生操作できます。
    2015-01-09_11h36_50

この記事を読まれた方が読んでいる記事: