Linuxで音が出ない:X-DDC-Reserveサポート情報

JAVS X-DDC-ReserveはWindowsはX-DDCから数年に渡る安定したドライバーで動作し、MacはMacOSXのCoreAudioでドライバーいらずで動作します。
JAVSのX-DDC-ReserveをはじめX-DAC-HDSD、X3-HDSD-DACやX3-HDSD-HPA、SOtMのdX-USB HDやsHP-100、StyleaudioのCARAT-T4、HiSonusのUFO-DSDなどはUSB Audio Class 2.0仕様です。
MacはOSでUSB Audio Class 2.0対応のためドライバーが不要です。

LinuxもALSA(Advanced Linux Sound Architecture)がUSB Audio Class 2.0対応のためドライバーが不要です。

ただし、Linuxは多くの種類があるため、テクニカルサポート対象外となってます。
が、Linuxをお使いの方はUSB Audio Class対応機器を使うのも難しくないようで、多くの方がお使いのようです。
X-DDC-Reserveをはじめ、JAVSではnano/SをUSB Audio Class 1.0仕様のDDCとしてお使いの方も多く、X-DDC、X-DDCplus、そしてX-DDC-Reserveと使い続けてらっしゃる方からもご意見をいただいてます。

最近何件か続いていただいたお問合せで、「LinuxをアップデートしたらX-DDC-Reserveから音が出なくなった」という内容がありました。
Linuxのクリーンインストールでは正常に再生でき、他のUSB-DACでも再生でき、X-DDC-ReserveにするとX-DDC-Reserveもその先のDACも再生や周波数は認識するけれど音が出ないという症状です。

この症状は、アップデートによってALSAの音量調整が変更されてしまっているのが原因です。
お問い合わせをいただいたK様より、Linuxのキャプチャーをいただいたので一例として紹介します。

本件,ご対応頂きありがとうございます.
おかげで発音しない問題が解決しました.

お知らせいただいた情報を元にALSAmixserを確認したところ,添付のようにiAP Interface 1がMM(ミュート)状態になっており,これを解除したところ正常に発音するようになりました.

alsamixer
GUIのミキサー設定ではボリューム設定は見られますが,ミュート状態までは確認できず,見逃していたようです.
まさかアップデートでミュートになるとは思いませんでした.

早速,DDCを普段使用しているPCにつないで,音楽用PCと音質比較をしています が,今のところ音楽用PC+DACへUSB接続が優勢です.ただ,手元の光ケーブルとは相性が良くないらしく100khz以上でLinkできませんでしたのでAES/EBU接続ケーブルを調達してからレポートします.

GUIのミキサー画面は音量は確認できてもミュート設定が確認できないのが原因でした。
SPFIDの光ケーブルは96kHzまでの規格で、端子やケーブルなどが独自に192kHzなど100k以上に対応している場合がありますが基本的には96kHzまでの規格です。
出力と入力双方の端子、ケーブルの端子と線材が192kHzに対応している必要があります。
zionoteではclictronicとAUDIOTRAKのGlassBlack/2を主に使用してます。

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事: