SmartAudio「HiEndDAC(仮称)」 ヘッドフォン祭り公開準備中!

2014年2月15日 オフ 投稿者: zio

SmartAudioのハイエンドDAコンバーター

昨年の春のヘッドフォン祭りに参考出品したSmartAudioのハイエンドDACはヨーロッパやアメリカのオーディオショーでも好評で、今も開発が進められてます。

20130510_112634

SmartAudioが考える、もっとも美しく、もっとも良い音のDACとして、長い月日をかけて作り込んでます。

今年の春のヘッドフォン祭りで、最新版を公開する予定です。
現状ではDSDには対応せず、PCMで最も音の良いDACとして完成を目指してます。
理由は明確で、DSDも基礎研究を進めてますが最も音が良いというレベルにはまだ時間がかかるためです。

SmartAudioが目指すのは、音質、そして使いやすいデザインと美しさです。
SmartDAC/LEはそのコンセプトを端的に現しています。

24/192やDSD対応モデルでも、24/96対応機種に音質で劣るモデルもあります。
24/192やDSD対応はデジタル部分で、多くはICチップの性能で決まります。
音質はデジタル部分よりも、DACチップ以降のアナログ部分と電源に大きく影響します。
これがチューニングに時間をかける程、音の完成度が高まる理由です。

最新スペックの多くはデジタルのICチップによるものです。
最新チップを使ってすぐ商品化する場合、音の完成度を高めるチューニング時間が短いということになります。
M2TECHのhiFace、hiFaceTWO、hiFace Evo。JAVSのX-DDC、X-DDCplusなど、DDCはデジタル回路なので音質を高めるチューニング時間はアナログ回路程必要としません。
しかしDACやアンプとなると、基本的に時間をかければかける程に完成度は高まります。終わりが無いのでキリがないとも言えます。時間をかけすぎて訳が分からなくなる状態に陥ることもあります。
そのためにDDCと、DACやアンプのチューニングは別物と考えて取り組んでます。

このことを理解しているメーカーと、考えてはなくとも感覚的に分かってるメーカーと、言った時点では分からなくても時間が経てば分かってくれるメーカーと、言っても分からないメーカーとがあります。

最新というその内容が、技術の積み重ねで到達した結果なのか、ICをポンと持ってきただけの対応フォーマットや数字なのか、全く異なる2つのどちらかなのか見極めないと、最新スペックなのに数年前に買った今まで使ってる機種の方が音が良かった、という事になりかねません。
その点においても、zionoteができることがあると考えて日々努力してます。

全ては鳴らした時に「これを買って良かったな。このブランドは好きだな。」と喜んでもらうためです。
zionoteを作った理由、「もっと音楽を楽しめるように」、音楽が好きで努力してるブランドと共に頑張ってます。

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事: