2012年ランキング:DAコンバーター編

USB-DDC編USB-DAC編に続いて、DAコンバーター編です!

2012年販売ランキング:DAコンバーター編

デジタル音声信号から、音として鳴らすためのアナログ音声信号へ変換するのがDACです。
USB-DACとの違いは、パソコンが扱うUSBに対応せず、あくまでもオーディオのデジタル信号から変換を行う点です。
デジタル/アナログ・コンバーターでDACと省略し、ダックやDAコンバーターと言ってます。

zionoteが扱うDAC、2012年の販売ランキングを発表します!

USB入力の無いDAコンバーターは機種が少ないのでトップ3のランキングとなります。

 

第3位

M2TECH Evo DAC
DAC-2_
M2TECHのEvo DACが第3位!

USB-DDCとしてhiFace Evoがあり、M2TECHはDAコンバーターとしてEvo DACを開発しました。
よく聞かれますが、エボダックと読んでください。
EvoシリーズはどうしてもhiFace Evoのイメージが強いですが、USB-DDC(hiFace Evo)、DAC(Evo DAC)、クロック(Evo Clock)、電源(Evo Supply)と4つのラインナップの中で、特に音質向上効果が高いのは、私はこのEvo DACだと感じます。

hiFaceやhiFace Evoの音の傾向と違い、キレの良い明解なHiFiな音と言いましょうか、とても良い音作りに仕上げたなと感心できる楽しい音です。

DDCやUSB-DACはどうしてもパソコンからのぶら下がりなので、機械的というかパソコンに関連する部分がありますが、DAコンバーターは入力切替はあっても設定やドライバーなどが無く、またDDCよりもメーカーやブランドによって音の差が大きいので、アンプ程ではないにせよ製品の特徴が音に出ます。

M2TECHのエボシリーズで一番のお勧めが、Evo DACです。

 

第2位

Styleaudio CARAT-SAPPHIRE/LE
SAPPHIREle_1Styleaudioの最新DAコンバーターにしてStyleaudioのフラッグシップモデルのSAPPHIRE LimitedEditionが第2位です!

12月1日の発売なので発売から一ヶ月しか経ってませんが、SAPPHIREユーザーの方の買い換えと、Styleaudioのヘッドフォンアンプ内蔵モデルの追加購入された方が多かったようです。

SAPPHIREからの変更点はOPAMPを最新のOPA827からOPA627への換装です。
OPA827を採用した量産機はおそらくSAPPHIREが初だと思います。
これは私がTIの知人にOPA827について相談した結果、Styleaudioに採用を頼んだ結果ですが、やはりOPA627のパフォーマンスは凄いです。

SAPPHIREからSAPPHIRE/LEに買い換えた方はかなり驚かれたと思います。
電源部などOPAMP周辺以外の変更点は無いのに、これほど音質向上するものなのかと。

 

第1位

Styleaudio CARAT-SAPPHIRE
sap_5
そして第1位は、CARAT-SAPPHIRE!

2012年の販売期間は10ヶ月くらいでしたが、それでも1位となりました。
2010年春の発売ですが、開発とチューニングに本当に膨大な時間をかけて作り込みました。
この徹底したチューニング工程はとても勉強させてもらいました。
開発が完了してバグや明解な問題が無い限りそのまま発売するブランドも少なくありません。
私はバグが取れて大きな問題が無くなってからが、製品としての質を上げるスタートだと考えてます。
この面で、エンジニアが社長のメーカーよりも、自分では設計できない社長のメーカーの方が最終的な作り込みの面で良い物ができると感じます。
もちろん音楽もオーディオも自腹を払って趣味にしてるというのは大前提です。
オーディオに限らずどの業界でも似たようなものかもしれませんが、以外にその仕事に携わっていても、自腹で買う程好きではないと言う人って結構いたりします。

そのStyleaudioの創業社長は2年前に病気で一線を退きましたが2012年に復帰しました。それが2011年と2012年の販売スケジュールの結果です。
体調は良くはなく、再び一線を退く予定です。
現行のヘッドフォンアンプ搭載の3モデル、そしてハイエンドDACで最新チューンとなったSAPPHIRE/LE。4製品とも社長が心血を注いで開発しました。
買ってくださいとは言いません。
買っていただいた方に、末永く大切に使って音楽を楽しんでいただきたいです。

 

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事: