zionote夏期出荷ランキング

第1位!

JAVS

X-DDC

3月31日の発売からじわじわと人気が上がってきたJAVSのUSB-DDC「X-DDC」が1位でした。
シルバーとブラックの合計数なので、単色だと2位のhiFaceTWOと逆転します。
ブラックとシルバーの人気は真っ二つです。
発売記念モデルのブルーとレッドをお使いの方は大切に使って頂きたいです。

USB Audio Class2.0仕様なので、ノンサポートですがLinuxでそのまま使えるのも人気の理由のようです。

電源非結線USBケーブルで音質向上が可能ですが、自作ケーブルでの故障が2件発生してますのでご注意ください。

 

2位!

M2TECH

hiFaceTWO

M2TECHのUSB-DDC「hiFaceTWO」が2位でした。X-DDCとの差はわずかで、カラーバリエーションをまとめなければhiFaceTWOが1位でした。

このhiFaceTWOもUSB Audio Class2.0仕様で、ノンサポートですがLinuxで使えます。

JAVS X-DDC、M2TECH hiFaceTWO、 SOtM dX-USB HDの3製品はUSBコントローラーにX-MOSを使ってますが、それぞれ音が違うでDDCもおもしろい世界です。

 

3位!

UBIQUO

ES703

UBIQUOのハイエンドイヤフォン、ES703が3位に入りました。
前期に大量の注文が入ったため圧倒的1位になり、その分今期は3位になりました。

ES703はオープンイヤーなので自然に良い音が楽しめます。
実際に普段の日常で聴いていただいて、ふと、「あ、そういえばこのイヤフォンって音良いな」と毎日思える音です。
聴いた瞬間に「低音が凄い」、「解像度が高い」という音ではなく、「普通に良い音」のイヤフォンです。

 

4位

JAVS

nano/S

JAVSのヘッドフォンアンプ内蔵・超小型USB-DDC/DAC「nano/S」がランクインです。
発売から2年半以上経つモデルですが、このサイズと性能、音質、そして価格は今でも第一線級です。

USB Audio Class1.0で簡単に24/96のデジタル出力を行うUSB-DDCとして、ヘッドフォン出力を行うヘッドフォンアンプ内蔵USB-DACとして、2通りの使い方ができます。
この特長を活かしてLinuxでお使いの方も多いようです。

このサイズと価格でTCXOのクロックを搭載し、電源は内部で正負電源を生成して動作してるのもJAVSの技術力とコストパフォーマンスの結晶です。

 

5位!

Styleaudio

CARAT-PERIDOT2

Styleaudioのヘッドフォンアンプ内蔵USB-DAC「CARAT-PERIDOT2」が5位にランクイン。

3つのグレードがあり、それぞれの違いは下記にまとめてあります。
Styleaudioの機能比較

PERIDOT2は普及モデルですが、Styleaudioが宝石の名を製品名に付けるのはプレミアムライン、ジュエルシリーズなので、上位シリーズの普及モデルになります。

普及モデルと言っても、24/96のUSB入力、24/192に光入力、そして新開発のヘッドフォンアンプを搭載し、クロックはStyleaudioが先鞭を付けてPCオーディオに採用してきたTCXO。

PERIDOT2、RUBY2Custom、TOPAZ Signatureと3つのグレードでそれぞれが高いパフォーマンスで設計されてるため、トップ3がStyleaudioの3製品という販売ランキングもあるほどです。

 

6位
SOtM FAN NOISE FILTER

とても小さいパーツですが、デスクトップパソコンの冷却ファンからのノイズを抑えるフィルターで、SOtMのこのシリーズで一番効果が実はコレです。
これも発売から2年経つモデルですが、音質向上効果の高さからロングセラーになってます。

 

7位
M2TECH hiFace

hiFace EvoとhiFaceTWOが発売になってからもオリジナルのhiFaceのご注文をいただき7位にランキングしました。

2009年末の発表なのでもうすぐ3年が経ちます。
StyleaudioでUSB-DAC、M2TECHでUSB-DDCが普及しましたが、この3年は更に多くの流れがありました。
しかし目で分かる内容よりも、音楽は何よりも目には見えない音が最も大切なのは言うまでもありません。

 

8位
M2TECH hiFace Evo

M2TECHのUSB-DDC「hiFace Evo」が8位です。
hiFaceをベースに入出力を強化し外部電源動作としたモデルです。
Evo Supply、Evo Clock、Evo DACとシリーズ化もされており、他社からhiFace Evo専用のクロックも販売されてます。

hiFace Evoのクロック入力

 

9位
SOtM SATAnoiseFilter2

SOtMのPCオーディオパーツ「SATAnoiseFilter2」です。
SATAnoiseFilterユーザーからの多くの意見を採り入れ、SATAnoiseFilter2とバージョンアップしました。
狭いPCケース内でも取り回ししやすい様にフレキシブル基板となり、ノイズフィルタリング特性を更に向上させてます。

SSDにはモーターが無いのでノイズが無いと思ってる方がいらっしゃいますが、高周波で動作するRAMが大きなノイズ源となっているように、SSDはHDDのノイズとは違った特性のノイズを発生します。
初期のSATAnoiseFilter(日本では未発売)はHDD用とSSD用と別モデルでしたが、両方のノイズ特性に対応する仕様にして日本で発売しました。
それをバージョンアップしたのが現行モデルのSATAnoiseFilter2です。

 

10位
Styleaudio CARAT-TOPAZ Signature

5位のPERIDOT2に加えてトップモデルのTOPAZ Signatureがトップ10入りしました。
Styleaudioのフラッグシップにして単体DACのSAPPHIREのDAC技術、そして単体USB-DDCのT2のUSB技術、そしてTOPAZのヘッドフォンアンプで構成したヘッドフォンアンプ内蔵USB-DACの最高峰です。

Styleaudioの機能比較