FIDELIX FL-AC-zn1発売の経緯

オーディオ用ACアダプター、FIDELIX FL-AC-zn1を発表し、20日から販売します。

発端はX-DDCでFIDELIXさんのACアダプターを使っている方から「とても良いよ」とお電話をいただき、それならと私からFIDELIXさんに相談した次第です。

zionote製品をFIDELIXさんへ送りテストしてもらい、専用電源、FL-AC-zn1として完成しました。

電源の質による音の変化は、DDC < DAC < AMP、といった順序で大きく変化します。
よってヘッドフォンアンプ内蔵DACが特に音質向上効果が大きいです。

X-DDCでお使いの方が「とても良い」とおっしゃるとおり、DDCでもかなり良くなるACアダプターなので、さすがFIDELIXさんの電源技術です。
DDCでも良くなるのに、DACは更に、そしてアンプでは更にそれを上回る音質向上。
ACアダプターでこれほど音が変わるのかと驚きました。

そもそも既に販売されているものをzionoteが扱う必要も無いのですが、X-DDCやhiFace Evoをお使いの方が、ACアダプターを交換するだけで更に音質をアップできるなら、対応品として扱った方が良いと思い、今回の製品化となりました。

ファイルウェブさんの記事で共同開発と書いてありますが、このACアダプターに関しては完全にFIDELIXさんによる開発です。
発表文に書いた様に、共同なのは販売で、共同販売です。

今回はFIDELIXさんの低価格販売というコンセプトのため、直販のみとなり、店頭試聴できず申し訳ありません。

M2TECH hiFace Evo、JAVS X-DDCDAC-2USBizo M1M1-zの電源として、手軽に使えるステップアップとしてお勧めします。