CDトランスポートからPCトランスポートへ:SOtMのレビュー

CDを再生の中心としてオーディオを構成するCDトランスポートから、パソコンを中心に考えるPCトランスポートへの課程をお知らせいただきました。

高級CDプレイヤーをお使いの方がPCオーディオを試して多くの方が感じるのは、解像度の高さと雑味の多さ。
この感覚はパソコンのサウンドカードやポータブルプレイヤーからPCオーディオに来た場合にはあまり気にならない部分のようです。

SOtMのオーディオ用PCパーツは、この雑味を大幅に改善します。
無くても動作に困らない製品ですが、使った音を一度聴くと、その製品が凄いというよりも、SOtMって凄いなと実感できます。
メールでお送りいただいたこのご感想は匿名希望ですが掲載の許可をいただきました。
導入動機、導入の課程、結果と非常に参考になります。

 

お世話になっております。
商品を受領しました。
迅速な対応をいただきありがとうございました。

お役に立つような話もありませんが、少しでもご参考になれば幸いです。

PCからの再生に興味を持ちましてやってみたところ、ノイズ感が酷いものの分解能の高さに可能性を感じました。
これまでのオーディオと違い情報が少ないため手探りでネットで情報を集めながら試行錯誤しております。
目標は、CDトランスポートをPCトランスポートに置き換えて、ファイル再生もCD再生もPCにしてしまおうと言う事ですが、専用のCDトランスポートをPCに置き換えるのはなかなか大変なようです。

あまりに高域の歪み感が大きいので、試しにビデオカードを外すと予想外の改善が得られました。
内部ノイズの大きさと影響に驚きまして、内蔵の光学ドライブも外し、2枚入れていたHDDも1枚にしました。
これでかなり良くはなりましたがCDプレイヤーには遠く及ばないため、ウィンドウズのサービスをできる限り削って、我慢すればなんとか聞けるレベルになりました。
それでも満足はできないので、ネットで情報を探し御社の製品を使っているサイトに出会いました。(そのサイトのurlがわからなくなって申し訳ないですが)
出している音のレベルも高そうで、かなり研究しているようで信頼できそうでしたし、そのままでは打つ手もないので試してみることにしたのが今回です。

私のところでもそのサイトと同様の効果があるようです。
落ち着くまで時間がかかるとの事らしいですが、接続直後であっても、背景ノイズが収まった雰囲気があります。
また、低域部分の分離や出方にも効果があるようです。

全体に楽器の質感が相当に改善されましたが、これは音の汚れが取れたと言う事でしょうか。
ぱっと聞いただけではそれほど思わないけれども、ずっと聞いていると何か言葉では言い表せないような違和感、あるいは落ち着きの悪さがあるというような部分が大幅に軽減されたと言う事です。
聞いて直ぐに指摘できるような歪みやノイズではないので言葉で説明するのは難しいですが、前記のように質感が人工的な感じを与えていたように思います。

一つ不思議に思ったのは、電源ボックスの対策製品を発売されていない事です。
CPUファンのノイズですら問題ですので、マザーボードの主電源であるATX電源のファンからのノイズも影響があるのではないかと思っています。
電気の事はよくわからないのですが、製品化されていないのには何か理由があるのか、あるいはこの部分はノイズは問題にならないような理由があるのでしょうか。
素人の単純な疑問ですが、今回のハードディスクとCPUファンの対策でかなりの効果があったことを考えると、そのように思うわけです。

以上、長々とつまらない話ですが、少しでもご参考になれば幸甚です。
ありがとうございました。

 

電源部分のノイズ対策はリクエストの多い部分ですので今後もSOtMにリクエストして参ります。
今後もSOtM製品を末永く使ってやってください。

■ SOtM