曲、音、オーディオ

前回の記事で、「izmo M1の素性の良さ、そしてM1からM1-zの変化をお聴きいただければ、私がどの部分をどのようにチューンしたかったのかお分かりいただけるはずです。」と書きました。

これは(社外品含めて)私が関わってきたヘッドフォンアンプ、サウンドカード、DAP、オリジナルEQ設定、デジタルアンプ、真空管ヘッドフォンアンプ、スピーカー、DAC、DDC、イヤフォンの機種を知っている方ならば「あ、やっぱり」と判ると思います。

メーカーがこういう音にまとめたいという要望で作る場合もありますが、多くの場合は好きな様にチューンしてと言われるので、ほとんどの場合は私の好みが出てます。
それでもその機種が持ってる素性は崩したくないので、このモデルはココが良い、このポイントを楽しんでもらうためには、こうすればもっと良いはず、という方向で進めます。

そのポイントを楽しんでもらうために、強調する場合もあれば、逆に引っ込める場合もあります。強調してそれ以外の部分を引っ込めれば特徴的なモデルを作るのは簡単です。しかし大概にしてこういう音はすぐに飽きてしまいます。
最大のポイントをどのように、どの程度感じて楽しむか、そのさじ加減は曲の楽しみと同じくオーディオ機器でもバランスがとても重要だと考えます。

いくら美しいメロディー、ノリの良いリフでも、1曲通して繰り返されたら飽きちゃいます。
好きな曲の中でも特に好きな聞き所ってあるはずです。
サビに入る前のドラム、コーラス、一瞬のリフだったり。
そこに行き着く前って何度聴いてもワクワクします。
そういう部分を思ってた以上に楽しく鳴らしてくれる機種が、その人にとっての好きなオーディオ機器です。楽しく鳴らしてくれるというレベルが更に進めば感動的に鳴らしてくれると感じることもあります。

私はStyleaudio、SOtM、M2TECH、JAVS、UBIQUOと、音の作り方も鳴り方もそれぞれ違いますが、楽しませてくれ、時に感動させてくれるこれらのブランドを扱えて(仕事も生活もきついですが)幸せです。
私は製品を伝えるだけではなく、オーディオのこの楽しみと感動を伝えるのが役目だと思ってます。