再掲載:JAVS Windows用USBドライバー 1.61

この件は2013年10月に公開した「JAVS Windows用USBドライバー 1.61」をもとに、対応機種を追記したもので、ドライバーのバージョンは変わらない同じ物です。1年以上バージョンアップしてないということで、バグや不安定などの問題なく、安定して動作しているという結果でもあります。

------------------------------

(2013年の)6月に公開した「X-DDC/X-DDCplus用Windowsドライバー xmos1.61」と同じドライバーです。インストール手順はこちらをご参考ください。
※既存ドライバーをアンインストール後にインストールしてください。

変更点は、X-DAC-HDSDとX-DDC/plusとを分けました。
というのも、X-DDC/plusをお使いの方から、「X-DAC-HDSDを買ったけれど、X-DDC/plusも使い分けたい」というリクエストを頂いたからです。

X-DAC-HDSDはX-DDC/plusを同じドライバーで動作します。
私はテストの時にUSBケーブルを差し替えて使うので、同時に使うという事を想定していませんでした。
そのため同じドライバーで動作するのは便利であっても不便になるということを考えていませんでした。

どういう時に不便になるかと言えば、X-DAC-HDSDのアナログ出力からアンプへ。
X-DDC/plusのデジタル出力は違うDAC経由でアンプへ。
この時にWindowsはドライバーが共用のためにX-DAC-HDSDもX-DDC/plusも同じ物として認識するためASIOなど同時使用ができない場合があります。
X-/DDC/plusもX-DAC-HDSDもお使いいただけるだけで無く、更に同時に使っていただけるというご要望をいただけるとは嬉しい限りです。
それで、JAVSに作ってもらいました!

  • DAC用ドライバー
  • DDC用ドライバー
  • ヘッドフォンアンプなどその他用ドライバー

ドライバーの中身は同じです。 機器の認識の違いで、違うドライバーとして動作するので同時使用が可能です。
DAC用ドライバーでJAVSのDAC2台とかはさすがにご勘弁ください。

これでDAC用ドライバーでX-DAC-HDSDを使い、DDCドライバーでX-DDC/plusを使うことが可能になります。
で、その他用ドライバーって何?ってなりますよね。
PCオーディオでDACでもDDCでもないというと、他にはそう多くないはず。
JAVSは色々やってます!

JAVS-XMOS-DAC(DAC用)

JAVS-XMOS-DDC(DDC種類)

  • X-DDC
  • X-DDC Plus
  • X3-HDSD-DDC(日本未発売)

JAVS-XMOS-AUDIO(ヘッドフォンアンプなどその他JAVS製品)