オーディオ用ACアダプターで音質アップ! FL-AC-zn

3-a

FIDELIXが開発したオーディオ用ACアダプターFL-AC-znは、2012年11月に9V700mAモデル、FL-AC-zn1を発売しました。
この定格にしたのは、JAVSのX-DDC/plusとUDT-1、M2TECHのhiFace Evoで使えるためです。

これまでのFL-AC-zn1レビューを紹介します。

FL-AC-znはお使いいただけばすぐに音質の向上を実感いただける電源です。

どうしてこれほど音が良くなるのか、FIDELIXさんにいろいろ伺ったところ、オーディオ電源として作られた物の多くは、コンセントから来た電気を綺麗にして機械に流すことだけ考えていて、その電源装置が発生するノイズが逆にコンセントに流れて他の機器に悪影響を与えることを考慮してない、とのことでした。
この話を聞いて目から鱗が落ちる思いでした。

電気機器の電源は、その機器のノイズがコンセントに流れて周囲に影響を与えることを防ぐ規格があり、家電など一般的な電気機器では当然守られているそうです。
オーディオ機器では、良い電気を使う事だけを考えて作られていて、逆にコンセントにノイズをばらまいていて、システム全体の音が悪くなる原因になるとのことでした。

そこでオーディオ用ACアダプターのFL-AC-znは良い電気を流すことは当然として、逆にノイズをコンセントにも流さない設計になっていて、全体のノイズも減り、音が各段に良くなります。

700mA以下で9Vの機種ならFL-AC-zn1が使えます。
1.4A以下で9VならFL-AC-zn2が使えます。

FL-AC-zn2_2

FL-AC-zn製品ページ

USBバスパワー製品でも、FL-HiFiUSB-znか、オーロラサウンドのBusPower-ProにFL-AC-zn1を組み合わせれば、USBバスパワーにFL-AC-znの電源を流して使えます。

1

 

電源として使う機器の音も良くなり、コンセントに逆に流してしまうノイズも対策することでオーディオシステム全体の音が良くなるFL-AC-znシリーズは、大好評販売中です!