昨日の1.3.5アップデートの告知を書こうとしてるうちにV1.3.6が公開されました。

WNAS3 v1.3.5

  1. Media Conversion
    各ドライブにconvertというフォルダを作り、音源を入れると、その音源をWAVまたはFLACに自動変換します。
    ネットワークに接続したWNAS3のドライブでファイル移動は時間がかからないので、簡単に移動できます。
    音源の音質は、フォーマットによって多く変化しますが、無圧縮のWAVが最も有利です。
    ※WNAS3はWAVファイルでもタイトルやカバー画像のデータ管理を行えます。
  2. 2.CD CACHE PLAY方式の変更
    タイトルなどデータベースの処理方法の最適化を行いました。
  3. 3.その他マイナーバグ修正
    バグは発見され次第、修正しアップデートを行っています。

 

WNAS3 v1.3.6

  1. 1.CD CACHE PLAYでもアルバムアート対応
    手動でアルバムアートを使用するためには同じフォルダにjpgまたはpngの写真を入れれば、アルバムアートを表示します。
    アルバムのフォルダ名はCD画面の該当ディスクの名前を参照してください。
  2. TIMEOUTメニュー追加
    TIMEOUTは一定時間が経つと、画面を消す機能で、30分から240分(OFF、30M、60M、120M、240M)で選択します。
    キーを最後に押してから、TIMEOUTで指定した時間が経過すると画面表示が消えます。ボタンを押すと表示が復帰します。

※CDデータやファイルデータが多い場合、最初にCDモードに入る際に、データの整理を行うために処理時間が長くかかる場合があります。次回以降は長い待ち時間はありません。