富山県・M様より、WMiniAMPのレポートをいただきました。
7月にいただいていたのですが掲載が遅くなってしまい申し訳ありません。

DSCN1372

いつも良い音をありがとうございます。
Wmini ampのレポートをお送りします。

DSCN1374

「幸せな音」

構成:パソコン(LAN)~Wmini DAC~Wmini AMP~スピーカー(Gini LS3/5A)
スピーカーは2WAYのモニター用で、広島のサウンドデンでチューニング済み。

DSCN1379

再生はfoobar2000のDLNA機能を使用。

DSCN1474

第一印象はきれいな音。徐々に音量を上げていくと、演奏の空間が広がりまさに目の前で聴いているような錯覚にとらわれてしまった。ボーカルの息づかいさえ音楽に感じてしまう。DACで表現した音を、こんなふうに鳴らしたいという思いが良く伝わってくる。構造的なことは承知してないが、DACで明瞭にされた信号が音として立ち上がり聴き手を包み込むアンプだと思う。いつまでも聴き続けたくなるが、たぶん脳内では幸せ物質が放出されているのだろう。

DSCN1476

これから他のDACとも組み合わせを試してみようと思う。また違った音の表情を見せてくれることだろう。

DSCN1478

ありがとうございます。
「幸せな音」というお言葉をいただきとても嬉しいです。
私がWaversa Systems製品をはじめて聴いたのはWMiniDACとWMiniAMPでしたが、WMiniAMPの音の衝撃は凄まじかったです。
これまでにオーディオ機器を聴いて、何度か音の良さに衝撃を受けてきましたが、一番の衝撃がWMiniAMPです。
聴き慣れてくると、これが普通になってしまい、聴く度に衝撃を受けることは無くなりましたが、たまに他のアンプで鳴らすと「こんな音だったかな…」と、もうWMiniAMPの音じゃ無いと満足できない体(耳?)になってしまってるようです。
WMiniDACとWMiniAMPはバランス接続するのが圧倒的に音が良いので、ぜひXLR端子で接続してください。
またいつでもご感想をお聞かせください。