WaversaSystemsは、RIAAカーブに対する正確なデータ値を研究して開発したPHONOアンプ「WPHONO1」、ハイエンドデジタルソースWNAS3を海外で販売を開始します。
WaversaSystemsJAPANは、時期や価格は未定ですが販売準備を進めております。

WaversaSystemsは、日本では比較的小型な機種を発売していますが、ヨーロッパ、韓国、中国では、エントリーモデルのWMiniシリーズから、ハイエンドクラスまで幅広くラインナップしています。

WPHONO1

フォノアンプ

http://zionote.com/waversasystems/?page_id=2977
約2,500ドル
日本発売日未定

RIAAカーブに対する正確なデータ値を研究して開発

  • 堅牢なシャシー設計と充実した電源部の構成
  • 真のフルバランス設計
  • 高い瞬間出力を誇る強力な動力部
  • 長年のノウハウによって作られた増幅部設計
  • MMカートリッジによるキャパシタンスとインピーダンス調節
  • MCカートリッジによるインピーダンス調節
  • フィールドテストで得た正確なRIAAカーブ補償
  • アクティブ(フィードバック)方式のイコライザー
  • 余裕のあるドライビング能力を備えたヘッドフォンアンプ

 

WNAS3

ハイエンドデジタルソース

http://zionote.com/waversasystems/?page_id=3017
約6,000ドル
日本発売準備中

ハイエンドデジタルソースの最高峰

WNAS3はCDプレーヤー、トランスポート、リッピング、NAS、ネットワークプレーヤー、FMチューナー、DAC、ヘッドフォンアンプ、roon対応などの機能を統合し、6000ドルで登場するトータルデジタルソースです。
2017年5月、試聴会で音と機能を体験した方を中心に、先行予約の100台が即完売となりました。

WNAS3はハイエンドオーディオ用デジタルソースです。
様々な機能を搭載して利便性を追求した一般製品とは異なり、WNAS3はハイエンドオーディオの音質のために、3つの独立リニア電源、WAP、最上位のES9038PRO DACチップ、フルバランス回路、独自設計の低ノイズUSB回路など、最新鋭にして最高峰のハイエンドオーディオ機です。

非同期方式CDT(Async CDT)

WNAS3のCDデータ処理方式は一般的なCDPとは根本から異なります。
エラー補正なしにそのままダイレクトで再生する一般的なCD Playerとは違い、WNAS3はAsync CDT方式でCDの信号を2回メモリーに読み込んでエラー発生率を最小化し、優れた音質でCDを再生します。

Perfect Ripping Support

他のリッピングソフトとは違い、ハードウェアとソフトウェアの結合で完璧な取り込みを追求します。

世界最高レベルのデジタルオーディオテクノロジー

WAP、HDL、独立MEMSクロック、Custom USBなど、それぞれの技術を1つだけ見ても世界最高の技術です。

  • WAP(Waversa Audio Processor)
  • 高速で高安定性のHDL(H/W)処理設計
  • 44.1、48kHz独立構成のMEMS Master Clockシステム
  • 超低消費電力、超低ノイズCustom USB
  • WNAS3はWaversaSystemsのハイエンドクラスDACと同じデジタル設計方式を採用しています。超低消費電力のWaversaSystemsカスタムUSBチップ、WAP(Waversa Audio Processor)マスター・コントロール、44.1kHz/48kHz独立MEMS Clockシステムまでジッター低減のための技術をそのまま搭載しました。

画像はご自由にお使いください。
------------------------------
フォノアンプ
WPHONO1
http://zionote.com/waversasystems/?page_id=2977

ハイエンドデジタルソース
WNAS3
http://zionote.com/waversasystems/?page_id=3017

※仕様および製品構成は予告なく変更となる場合があります。