ハウジング割れの修理がありました。

故障状況で対応方法が変わります。

  1. ekklesiaで修理できる
  2. ekklesiaで交換対応する
  3. メーカーで修理する

1の場合、すぐ修理できるか、メーカーに確認するか、お客様に確認が必要かによって、当日~数日で対応となりますが、確認待ちで返却まで数週間かかる場合もあります。

2の場合も1と同様に、すぐ交換できるか、メーカー確認が必要か、お客様に確認が必要かによって、当日~数週間かかる場合もあります。

3のメーカー修理の場合、ekklesiaで検証し、メーカーに連絡し、お客様に確認の許可を得てメーカー送りとなります。メーカーによりますが、今回のCS-2-BlackはアメリカのBlueGearまで送るため、かなり時間がかかります。

例えばEMSという国際郵便で送る場合、アメリカの郵便配達(EMS配達)は日本のようにスムーズに届かない時が多く、配達に来て受け取れないと、なぜか再配達しないで郵便局保管になったままだったり、下手をすると日本に戻ってきたり、最悪な場合は届けてないのに誰に届けたのか配達済みで荷物は無くなって探しようが無いという場合もあります。

少しでもちゃんと受け取りできる可能性を上げるために、出荷したら荷物追跡番号を相手に伝え、定期的に荷物追跡で確認し、1回目の配達で必ず受け取るようにしたり、荷物が配達郵便局に来る前後に受け取り主がその郵便局へ連絡して確実に受け取るようにしてもらってます。

今回の修理品は、預かりから約6週間で、長い方となってしまいました。

1日でも早くお返しできるように努力します。
少しでもekklesiaで修理対応できるように努力します。
苦労して開発して完成させた製品達ですので、1日でも長く使っていただけるように、できるだけ大切に使ってやってください。