修理依頼

機種:BlueGear CS-2-Black

症状:音途切れ

検証

画像では分かりにくいですが、L字型の3.5mmプラグから伸びるケーブルの根元部分のカバーが破けてます。

このケーブル部分を動かすと音が鳴ったり途切れたりするので、ケーブルの接触不良です。

対応

CS-2はケーブル交換式なので、サポート部材のケーブルと交換しました。

CS-2の交換ケーブルはグレーのみです。

テストを行い、返送しました。

考察

イヤフォンで一番多いトラブルは音切れ、接触不良です。
その接触不良の一番の原因は、ケーブルの断線です。

端子やケーブルにストレスがかかると、皮膜が破れたりケーブルが断線して故障の原因になります。

接続端子の根元が断線しやすいのは、スマートフォンの充電ケーブルと同じです。
とにかく端子、根元、ケーブルの全てにストレスをかけないように使うのが、長持ちさせるコツです。

L字型とストレートとありますが、スマートフォンやDAPなどから、イヤフォンのケーブルを真っ直ぐ伸ばして使う場合はストレート端子が良く、ケーブルが長く垂らして使う場合や横向きに伸ばして使う場合はL字型が良いです。

でも気にしすぎて、使う自分自身にストレスがかからない程度に、端子とケーブルを労りながら音楽を楽しんでください。