アテネハイエンドショーで高評価、3RUSBRenaissance

アテネのハイエンドショーでIDEONaudioの3RUSBRenaissanceが高い評価を受けた記事です。

※IDEONaudioのイデオンって伝説の巨人かと思いましたが、ギリシャにある洞窟の名前だそうです。

YouTube Preview Image
※ちょっと音量注意

 

他にも、computeraudiophile.comの投稿をリンクします。

The differences are evident from the first minute. Main characteristics are better sepearion between various instruments and wider soundstage.

After the 50 hours burn in period, bass became cleaner with more detail even at low (during night time) volumes. The harshness on the upper edge of the brass instruments is gone. Vocals are now more focused. Music flow is smoother.

I tested it against three Uptone Regen reds, daisy chained, and an iPurifier2 and 3R outperformed all four of them.

Just Love it!

訳「違いは最初の1分で明らか。主な特徴は、さまざまな楽器とより広いサウンドステージの間の優れたセパレーションです。

50時間のエージングで、(夜間の)小さい音量でさえも、低音はよりクリーンになりました。
金管楽器の上端のザラつき感が無くなりました。 現在は更にヴォーカルのフォーカスがはっきりしています。 音楽がよりスムーズに流れます。

テストした他の3つ製品より優れていました。

Just Love it!」
リンク

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

(Visited 134 times, 1 visits today)