2016年9月ランキング

WMini_03

1位 WaversaSystems WMiniDAC

Waversa SystemsのDAコンバーター、WMiniDACが1位になりました!
先日の東京オーディオベースでは六本木工学研究所さんの試聴環境で使っていただきました。
WAPを搭載し、フルバランス&アンバランス対応DACとしてもハイエンドサウンドのWMiniDACですが、入力はLANが一番音が良いと評判で、内部ではminimServerという高音質サーバーが動いています。
LAN環境のパソコン、Wi-Fiでスマートフォンなどからも再生操作ができてしまう、今までのDACの使い方を大きく変え、とにかく便利で音の良いDACです。
先日のファームウェアアップデート(Akabane)では外部USB-DACを使ったネットワークプレイヤーとしても使えるようになり、ネットワーク入力機能から、ネットワークプレイヤーとして進化し、フルバランスDAC&ネットワークプレイヤーになりました。
i7などの最新CPUでもリアルタイム処理できないほどの高音質再生ロジックを可能にするWAPを搭載したDACがどのような音なのか、ぜひ機会があれば聴いてみてください。

 

WMini_01

5位 WaversaSystems WMiniNAS

Waversa SystemsのWMiniシリーズ第三弾、Network Attached Storage、NAS(ナス)です。
名前のとおり、ネットワーク接続の記録装置で、USBメモリーやUSB-HDD、メモリーカード・リーダーなどを接続して、ネットワークオーディオで便利に、高音質再生できます。
内部の2.5インチベイにHDDやSSDを内蔵もできます。
WMiniNASの特徴は、LAN接続のパソコンやネットプレイヤーからWMiniNASにある曲を読み込んで再生でき、曲のスキャンが早く、そしてなによりも高音質仕様に開発されていることです。
Wi-Fiでスマートフォンでも読み込んで再生できるので、WMiniNASに入れた曲をパソコン、スマートフォン、WMiniDACなどのネットワークプレイヤーで高音質再生できてしまいます。

 

WMini_07

4位 WaversaSystems WMiniAMP

Waversa Systems、WMiniシリーズのプリメインアンプです。
WMiniDAC同様にWAPを搭載し、アナログ(アンバランス&バランス)入力、デジタル(コアキシャル)入力に対応します。
D級アンプをデジタルアンプと言っても、一般のD級アンプはアナログ信号を処理しますが、WMiniAMPはデジタル信号を処理するんです。
その結果、小さい卓上のスピーカーでも床置きのスピーカーでも、今までのアンプとは比較にならないほどの素晴らしい音が鳴ります。この素晴らしさをぜひ聴いて確かめてほしいです。

 

WMini_06

3位 WaversaSystems WSmartHub

前回のランキングで1位だったWSmartHubですが、9月は在庫切れの期間があって3位になりました。
内蔵バッテリーの交換時期と交換費用のお問い合わせをいただきますが、発売から1年以上経過する海外でも、まだバッテリー消耗の交換事例が無く、まだ1年以上は24時間連続稼働としてのデータしかありません。
バッテリー交換は内部の4個の電池を交換するので、携帯電話やスマートフォンの電池の4倍くらいの価格になる見込みです。

 

JAVS X-DDC-Reserve

2位 JAVS X-DDC-Reserve

USB-DDCといえばJAVSのX-DDC!そのX-DDCの最新モデルがレゼルヴです。
アップサンプリング&リクロック機能の搭載で音質を更に向上させ、電源も回路も、入出力もアップしたベストセラーUSB-DDCです。
秋葉原のオリオスペックさんに展示機もあります。

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

(Visited 113 times, 1 visits today)