DELA N1aでX-DDC-Reserveレビュー (富山県・S様)

富山県のS様よりX-DDC-Reserveのご感想をいただきました。
パソコンではなく、USBオーディオが使えるNASにX-DDC-Reserveをつないで、デジタルアンプでN801というハイエンドオーディオ環境で鳴らしてらっしゃるそうです。

x_ddc
X-DDC-Reserve
NASにDELA N1aを導入したのはネットワークプレイヤーにファームアップで対応との情報を得たからだった。しっかし、使うにはUSB-DACが必須。 USB入力のDACは雑誌付録ののみw
要求スペックは
24bit192kHzは当前。
DSDはI2S-DACを持っていないので今のところ不要。
44.1kHzをそのままRCAでBozに突っ込んだら安っぽい音しか出なかったので4倍アップサンプリングが必要。
ワードクロック、もしくはスーパークロック入力によるリクロックが欲しい。
バスパワーじゃない電源。
・・・で調べると
X-DDC-Reserveしか見つからない。アップサンプリングをフロントパネルのスイッチで切りかえれるし、パルストランス内蔵だし、うちの条件にはまあまあ。
残念なのはクロック入力が無いこと。スーパークロック入力があるのはhiFece evoだが、アップサンプリングが無い。
そこで、DDC購入は zionoteDirectでしか売ってないJAVS X-DDC-Reserveに決定。
DELA N1a > 自作USBケーブル>X-DDC-Reserve >自作RCA>Boz216/2200 >マルチアンプ接続(Hi-Lo)>N801
ちゃんと認識され、あいぽね からもコントロールできた。
4倍アップサンプリングで44.1kHz to 176.4kHz は出来たし
196kHzも無事通った。
音は満足。
あとはスーパークロック入力。よろしくお願いしますね、zionoteさん。

X-DDC-Reserveのアップサンプリングをオンにするとリクロック機能が働くので、その音質向上が効果的だったようですね。
JAVSのコンセプトからクロック入力は難しいかもしれませんがメーカーに伝えます。
ありがとうございました!

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

(Visited 469 times, 1 visits today)