IM300Aiseレビュー 東京都・渡辺様

数々のレビューを送って頂いている渡辺様より、IM300Aiseのレビューをいただきました。

ウォークマンとIM300Aise、そしてウォークマンにヘッドフォンアンプにHAV3を追加してのIM300Aise、そしてデスクトップ USB-DACのStyleaudio CARAT-TOPAZ Signature、USBヘッドフォンアンプのJAVS X3-HDSD-HPAを使ってのIM300Aise、そしてIL300affettoとの比較と、ステップアップ的なレビューですのでぜひご参考ください!

IM300 Aise レビュー

 

本物の音を聴け! スピーカーのような低音!

 

20150128_195047
IM300
のカラーラインナップを見ると、女性もターゲットにしてることが分かります。
しかし、音質は一切妥協していません。
IL300とはコンセプトが違うので、ハウジングの素材やケースのコストダウンによって、1万円安くなりましたが、ドライバの性能は同等です。
IM300が200ではなく、300であることがポイントです。
解像度はIL300やAKG K3003と同等です。
分かりやすく言えば、K3003はIL300とIM300の中間の性格を持っているモデルです。
UCOTECHは、ハイエンド向けにIL300、守備範囲の広いIM300、と役割を明確に分けました。
両方を買ってもK3003の半分以下の値段なので、どれほどお徳か分かります。

 

【 ダイナミック型の長所 】

  1. 音域の広さ
  2. 豊かな音楽表現
  3. 質の良い低音(解像度、ダイレクト感、広大感)

 

IL300は1を強調して、IM300は3を強調しています。
IL300の低音も質が高いですが、IM300の低音は打撃感、近接感があります。
IM300の高音も十分に良いですが、IL300の高音は煌びやかさがあります。

IL300は広い音域、煌びやかな超高音、雄大な超低音、透明で広い空間、SNの高いハイエンド環境で最大の性能を発揮します。
IL300の音楽は、音源の骨の髄まで味わえるような、心の深くに響きます。

IM300は音域は実用域に絞り、密度の高いボーカルと低音、ポータブルからハイエンドまで幅広い性能を持っています。
IM300の音楽は、高精度でありながら楽に聴ける、実用的な音楽です。

 

【 アルミハイジングの利点 】

味付けの無い、原音に忠実な再生ができます。
精密で繊細な表現ができます。
キレのある音、キレのある低音を出せます。

 

 

【 ウォークマンA16 → IM300 】

20150126_095731
音場の広さはポータブルなりですが、従来のAシリーズから解像度、低音の質感がアップしました。
IM300で聴くと、これがポータブルか?と思うような音が聴けます。
このサイズと価格からは考えられない音質です。
A16とIM300合わせても4万円ほどですが、他メーカー品では逆立ちしても出すことができない音です。
持ち歩くのに、これ以上の音質が必要でしょうか。
高解像度、キレのある音、キレのある低音。
音量は24~27/30位。(IL300は27~30/30位)

 

【 ウォークマンA16 → HAV3 → IM300 】

ウォークマンが高性能ポータブルに変身します。
性能はHAV3が圧倒的に上、ウォークマンでは性能を出し切れない。
解像度、音の広さ、迫力が1ランクアップします。
迫力ある音楽を聴けます。
これでもIM300の性能を100%発揮できない。発揮するのは次。

20150126_100946

CARAT-TOPAZ Signature → HAV3 → IM300】

20150126_101751
PCM1792AとOPA827に最適化したライン出力は最高のソース。
HAV3と組み合わせると最強のDACヘッドホンアンプに変身する。
IM300が本領を発揮する。ハイエンドオーディオを味わえる。
超精密な表現、低音の迫力、立体感、広い音、どれをとっても超一流の音楽。
1万円のイヤホンではありえない音。
TOPAZ、HAV3、IM300、全てが性能を発揮できる。

20150126_103343

 

【 X3-HDSD-HPA → IM300 】

ディスクリートアンプによる、スケールの大きい立体感のある臨場感を味わえます。
大きな立体感、定位感、繊細な表現、1万円のイヤホンではありえない精密さ、迫力。
TOPAZとは違うハイエンドオーディオを味わえます。
広い空間、ボーカルとの適度な距離感が、私は好きです。

IM300におすすめの曲

 

福山雅治  「HUMAN」、「暁」
(dailymotion)
精密で迫力あるドラムとボーカル。

 

福山雅治  「最愛」
YouTube Preview Image
繊細で美しいメロディとボーカルの表現力がすばらしい。

 

JASMINE  「Countdown」 24bit/96KHz
YouTube Preview Image
迫力ある高音、サブウーハーのような低音は圧巻。
ハイレゾの高解像度、広いダイナミックレンジ、立体感を味わえる。

 

【 総評 】

サブウーハーには、下向きのサブウーハーと前向きのサブウーハーがあります。
下向きのサブウーハーは床の反響音を使って増幅するので、量が増えますが、解像度、ダイレクト感が落ちます。
他のイヤホンは多かれ少なかれ反響音を使っているので、低音の質が落ちます。
IM300の低音は前向きのサブウーハーです。
精密でダイレクト感があります。

20150128_195450
IM300は低音型のイヤホンなのかといえば、そうではありません。
IL300もIM300もバランスを重視しています。
私は基本的にIL300の音楽が好きです。
IL300以上の音楽は無いと思っていますが、IM300の低音の気持ちよさはIL300でも出せません。
IM300の女性ボーカルの繊細な表現力、濃密で迫力ある男性ボーカル、そして、精密で迫力ある低音。
ダイナミック型でしか味わえない、ボーカルと低音の迫力は圧巻。
空間はIL300より狭いですが、定位感は上がっています。
ボーカルと楽器の立体感があります。
IM300はスケールはひと回り小さくなったが、密度が濃くなった感じ。
ボーカルをじっくり聴くならIM300。
ボーカルの思いが伝わってくるような音楽。

IM300は高音から低音まで超精密な音を出します。
繊細で力強いボーカルの表現、精密で打撃感の強い低音、繊細で豊かな音楽表現。
IM300はIL300と並んで、やはり究極のダイナミック型イヤホンです。

あるハイブリッドと比較レポートしようと思いましたが、差がありすぎるので、やめました。
並みのハイブリッドでは全く比較になりません。
IL300、IM300はヘッドホンを含めても最高性能です。
並みのヘッドホンでは全くかないません。
UCOTECHは世界で最もイヤホン、ヘッドホンのことを知っているメーカーです。
音を聴けば分かります。

20150126_100008
IM300とIL300があれば、他のイヤホンは必要無いです。
お金がある人は、K3003を買えば、全てのイヤホンが揃ってしまうと言っても過言ではありません。
3者の性能を自動車にたとえると、K3003がベンツ、IL300がBMW、IM300はAUDIかフォルクスワーゲンといったところです。
3者の音を、一言で言えば、IL300はオープンヘッドホン、IM300は密閉ヘッドホン、K3003はセミオープンという感じです。

IM300は世界最高クラスの音質を気軽に聴けるイヤホンです。
ファッション性が高く、本物の音を求める人へ、IM300以外の選択肢はありません。

 

【 その他 】

スマホでも使えますが、私は使わないので、マイクは左右見分け用に便利です。(マイクが右)

20150126_095633
付属ケースが三角形の独特の形状ですが、これが実用性が高いです。
コンパクトで持ち歩きやすく、本革の硬さにより保護性能が高いです。

IM300は、意外にも交響曲も合います。
繊細なバイオリンの高音、豊かな低音、くっきりした定位、立体感のある各楽器。
ロックからクラシックまでジャンルを選びません。

OPAMPは音楽表現が豊かなMUSES01とMUSES02を使っています。
空間表現が豊かなMUSES01、守備範囲が広いMUSES02、IM300の音楽と合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

(Visited 99 times, 1 visits today)