IL300affettoレビュー 富山県・M様

2015年1月16日 オフ 投稿者: zio

IL300affettoのレビューを富山県のM様にお送りいただきました。
移動時にCOWONのM2、室内ではizoのiHA-21EX-2013をお使いとのことでありがとうございます!現在は離れてますが、COWONにもizoにも携わっていたので嬉しいです。

いつもよい音をありがとうございます。
IL 300 affettoについて使用感をお伝えします。

DSCN0779
外出用には、購入したばかりですがCOWON M2で再生してます。
第一印象は、演奏の場が目に浮かんだことです。
それぞれの楽器の位置が感じられる音で、耳の中が広くなってしまったように感じました。
第二には、各楽器の再現性のよさです。
それぞれの楽器の音をしっかり聞き分けられました。
イヤフォンの躯体の材質がよい効果をあげているのでしょうか。
そのぶん少し重いですが、音のよさが上まわります。
音源は、CDからEACを使いWAVで取り込んでおります。

DSCN0784
室内用には、izo iHA-21EXを使用してます。
COWON以上に、音の広がりと音の粒立ちが感じられます。
また、音の押し出しがより強く感じられるとともに音の消え際が最後までしっかり再現されるのに驚きました。
いつまでも聴き続けたくなるイヤフォンです。
再生ソフトは、Bug Headを使用してます。

質問:イヤフォンにもエージングは必要なのでしょうか?

今後もよい製品をご紹介いただけることを期待しております。

音場の広さと定位、各音の表現、どのポイントにも注意してチューニングして完成させたので、この点をご評価いただいて嬉しいです!

iHA-21EXは電源が強力なアンプなので、音の粒立ちが向上するようですね。System13とz-Tuneもぜひご検討ください。

BugHeadは以前に試したことがありましたが、テスト環境のマシンパワーが足りず常用してませんが、かなりの音質の再生ソフトですね。作者さんには10年以上前、COWONやizoの仕事をする前にお世話になってました。

エージングについてですが、イヤフォンでも大きなポイントです。
主に振動板の鳴り(動き)が本来の性能を発揮するまでの鳴らし運転です。機種にもよりますが、10時間から長い物では200時間くらい変わる場合があります。IL300affettoでは40から50時間くらい、できるだけ激しくない音で、できるだけ広い帯域の音を鳴らしてやってください。そこからもう50時間くらい大音量は避けて好きな曲をかけてください。ここまで育ててもらえればaffettoは本領を発揮してくれるはずです。

この記事を読まれた方が読んでいる記事: