JAVS X3-HDSD-HPA レビュー  JAVS X3-HDSD-HPA で始める DSD/4

渡辺様のX3-HDSD-HPAレビュー、パート4が届きました。
X3-HDSD-HPAの OPAMP載せ替えレビューです!


20140923_201112

第1回 X3とDSD音源、「自然で豊かな音」
第2回 X3とIL300とオープンヘッドホン「臨場感のある音楽空間」
第3回 X3の壮大な音楽世界、MUSES01の心に響く真実の音をIL300が完璧に描写、「心が震える音」

第4回 X3とMUSES01とOPA627 「音楽に包まれる感動」

まず、ハイエンドOPAMPの中で対照的な、MUSES01とOPA627の比較をしたいと思います。
MUSESとOPA627は成り立ちが違います。
MUSESは音楽用に作られたOPAMP、OPA627は音楽専用ではありません。
私が購入したOPA627は普通のタイプです。(選別品や缶入りではない)

OPA627を聴いた瞬間、中低域が耳につきました。
MUSES01が低域の1段ブーストなら、OPA627は2段ブーストという感じです。
高域と低域の比率が逆転して互角です。

音の質は、MUSES01は繊細で柔らかい、OPA627は少し尖ってる。
OPA627は中低域が多いので、ロック系のノリは良い。
MUSES01は中域が少し凹んでるので奥行き感がある。
迫力があって、ノリが良いOPA627、
繊細で音楽表現が良いMUSES01、
低音の迫力があるOPA627、高音の迫力があるMUSES01、
音に迫力があるOPA627、空間の迫力があるMUSES01、

音楽を再生するMUSES
音を再生するOPA627
OPAMPが音楽の演出をすべきなのか?
忠実な音を聴きたい人、または、音の味付けは他の部分でするという人はOPA627。

EQ調節によって、中低域は似せることができますが、
MUSES01の高域は、どのOPAMPも同じ高音を出すことはできません。

20141020_153148

【 MUSES01 】

MUSES01の高音は量が多く、良く伸びる、繊細で滑らか。
IL300、K702で聴くと絶妙の相性です。
超高音の快感と奥行きのある音楽表現。
絶妙の空間表現と音楽表現、適度にブーストされた低音は快適。
日本製なので、日本人らしい繊細な表現力。
R&B、バラード系の美しさ、表現力は圧巻。
据え置きDACに最適化されてるので、X3との相性は最高です。
IL300、K702で聴くと、美しく迫力ある高音、絶妙な音楽表現、圧巻の空間表現
ハイエンドオーディオを存分に味わえる。
さすがにオーディオ専用に作られたOPAMPである。
心に響く”真実の音”は単なる宣伝文句ではない。
音楽と空間の表現力はNo1

【 OPA627 】

キレの良さ、クリア感、解像度の高さが際立つ、
輪郭がはっきりした音、
音を正確、精密、ストレートに表現する、音楽的味付けは無い。
2段ブーストされた低音、キレのある音、
ロック系のキレの良さ、迫力は圧巻。
音場の広さは01と同等だと思うが、立体感は01が上なので、
01のほうが臨場感、音場の広さを感じる。
私にとっては高音の感動が無いが、
それ以外は欠点が無い完璧なOPAMPです。
音源を忠実に再生するのはNo1

【 MUSES02 】

MUSES01をスケールダウンした感じ。
スケールをひと回り小さくしたが、オールラウンドになった、
音域のバランスも良い、オールジャンルで万能選手
音のバランスはOPA627に似ている感じだが、
音の質はMUSES01に似ている。(基本は同じ)
中域が01より少し多めなので、ボーカルが少し近く感じる。
それに伴って、音場が少し狭く感じる。
低音は01より少しブーストされてる感じ。
MUSES01を低価格アンプでも楽しめるようにチューニングした感じ。

【 LME49990 】

20141019_131349

MUSES01とOPA627に勝てる部分があるかと言えば、
特に無いと感じるが、言い換えれば、両方の良さを持っている、
バランスが良い、無難である、と言えます。
音のバランスはMUSES01に似ているが、高音の迫力が少し落ちる。
音の質はOPA627に似ているが、中低音の迫力が少し落ちます。
価格は、今回のOPAMPの中で、ずば抜けて安いので、
標準OPAMPからのアップグレードに最適です。
安くて、間違いが無いOPAMP。
MUSES01と02の違い。
MUSES01 9V以上
MUSES02 3.5V以上
01はハイエンド向け、02はオールラウンド、
01は迫力ある高音と空間、アンプ、ヘッドホン、イヤホンの性能が求められる。
02はロックからバラードまで楽しめるバランスの良さ。
空間表現は01より少ないので、低価格アンプでも楽しめる。
細かく言えば、近くの空間の立体感は01と02は同等ですが、
遠くの空間の立体感、奥行きが01はあるので、
広い空間、大きな立体感が01はあります。
MUSES01 3500円、MUSES02 3400円、価格は同等なので、
X3に使うなら、間違いなくMUSES01。

【 総評 】

20140923_195838

X3の性能を一番発揮できるのはMUSES01です。次にOPA627、LME49990、
MUSES02はX3にはお勧めできません。X3には中途半端という感じ。(価格も含めて)
空間表現はMUSES01以外は同等という感じ、
OPA627は音源に忠実なピュアサウンドを聴けます。
LME49990は高性能で安いので、標準からの音質アップにおすすめ。

 

MUSES01

MUSES02

OPA627

LME49990

解像度 5 5 5 5
透明度 5 5 5 5
高音 5 4.5 4.5 4.5
中音 4.3 4.5 4.5 4.3
低音 4.5 4.7 5 4.5
音場の広さ
(立体感)
5 4.5 4.7 4.5

 

OPA627に最適化したDACはいくつかありますが、MUSES01はそれらとは全く違う音楽の世界を味わうことができます。

OPA627だけが目的なら専用チューン品を買ったほうがいいです。
X3はMUSES01の性能を出し切れる、数少ないDACです。
MUSES01を使うならIL300、K702クラスのイヤホン、ヘッドホンが必須です。
OPA627を使うならAKG K3003でも良いと思います。
X3はどのOPAMPにも最適化されていませんが、ハイエンドOPAMPの性能や特性をきっちり出し切れるのは、基本性能が高く、懐が広いということです。

現在、私はMUSES01を使い、USB、電源周りを強化して、IL300とリケーブルしたK702で聴いています。
異次元の音楽です。
美しく針のような高音、地に響くような低音、透明で広い空間、立体感のある圧倒的な臨場感、ヘッドホンで聴いてるか、スピーカーで聴いてるか分からないくらい、自然で広い音楽空間に包まれます。
音楽に包まれる感動を味わえます。

【 最後に 】

20141031_192608

X3は本当に音が良いです。
そして、手をかけてやれば、もっと音が良くなります。
今の時代は、昔のアナログ時代とは違い、数十万円かけなければ良い音を聴けないという時代ではありません。
本当に良い物を選べば、安価でも良い音が聴けるのです。
良い物を選ぶには情報と見る目が必要です。
しかし、自分だけの目では分かりません。
その中でZIONOTEは大きな助けになります。
利益優先の大手メーカーや高額な商品を売りつける業者とは違い、ZIONOTEの商品は性能が高いです。
そしてPCオーディオのことをよく知っています。
私もWindows95時代からPCオーディオをやってきました。
私とZIONOTEの付き合いはUBIQUO ES703から始まりました。
そしてES903、IL300 Affetto、IL300の超高性能ぶりには衝撃を受けました。
それがX3を買うきっかけになりました。
X3は高性能ぶりを発揮して、既存のヘッドホンでは全く不足で、AKG K702を購入しました。
X3、IL300、K702
この3つのアイテムだけで最高の音が聴けるのです。
他メーカー品を買えば、数倍かかると思います。
DACやDAPをいくつも買ってる人もいると思います。
私はZIONOTEのおかげで最短距離で最高の音を聴くことができました。
この3つのアイテムは、こんなにすばらしい音楽が存在するのかと思わせます。
今まで聴いていた音楽とは全く違います。

【 参考 】

PCのUSB出力にtX-USBを使用しています。
純正USBケーブルでも効果はありますが、質の良いUSBケーブルを使うことによって、さらによい音を聴くことができます。
PCのUSBポート → 純正ケーブル とは全く違う音になります。
音楽データの転送欠損が非常に少なくなります。
本来の音源の音を聴くことができます。
音源データの精度が上がれば、X3は忠実に表現します。
解像度、透明度、音の量感、密度、全て上がりますが、
X3 + MUSES01で一番体感できるのは、空間表現がより自然で豊かになります。
精度の高いUSB入力、ノイズの少ない電源、によって、X3は本来の性能を発揮します。

 

X3HDSDHPA

この記事を読まれた方が読んでいる記事:

(Visited 4,932 times, 4 visits today)