X-DDC-ReserveのFAQ(脱線あり)

JAVS_X3DDC_reserve01

・接続関連

  • 光と同軸のコンボ端子って何?
    →同軸端子に見えますが、同軸ケーブルはそのまま接続し、光ケーブルは丸形端子で接続できる同軸&光共用端子で、X-DDC-Reserveでは入力端子に採用してます。
    x3d_06
  • 同軸出力、光出力、AES/EBU出力は同時に使える?
    →JAVSのDDCはUDT-1に始まり、X-DDC、X-DDCplusと、いつでも出力される仕様になってます。X-DDC-Reserveに入力し選択した信号は、同軸、光、AES/EBUの3つの端子から常に3出力されるので分配器、高精度なセレクターとしても使えます。

・アップサンプリング関連

  • ・x2を選択してオフからオンにするとx4で起動するのは…
    →申し訳ありませんが仕様です。電源オンの時に選択しなおしてください。
    1414459511610-0KDZBX3E

・リクロック関連

  • アップサンプリングしない時でも使える?
    →Pass時はリクロックはオフになります。x2とx4の時に有効になります。

・パソコン関連

  • パソコンのUSB3.0ポートで使える?
    →使えます。X-DDC-Reserveに搭載されているUSBコントローラー(XMOS)は最新版なのでUSB3.0の互換性は基本的に解決済みです。
    X-DDC-Reserveではまだ報告が1件もありませんが、数年前に初代X-DDCでパソコンに搭載されているUSB3.0のチップによってはUSB2.0との互換性が低く使えない場合がありました。マザーボードのチップセットドライバーのアップデートで改善する場合もあります。マザーボードによってはUSB3.0ポートをUSB2.0互換モードに設定できる場合もあります。
  • Linuxで使える?
    →このお問合せ多いです…。Linuxのサウンドシステム、ALSAはMacOSXと同じくUSB Audio Class 2.0対応が早かったです。結論から言えば、Linuxで使えます。しかしそれ以上のお問合せにはお答えできませんのでご了承ください。

・電源関連

  • 電源線の無いUSBケーブルは使える?
    →使えません。USB回路にUSBバスパワーを使用してます。その代わりUSBのバスパワーはUSB回路のみに使い、DDC回路は外部電源を使うため、USBからのノイズがDDC回路に影響しない設計になっているため、電源線のUSBケーブルと原理的には同じ効果の仕様となってます。
  • 電源を変えるとDDCでも音は変わる?
    →アンプほどではありませんが、ACアダプターを変えたり、特にFIDELIXのFL-AC-znに変えると大幅に良くなります。FL-AC-znは電源機器がコンセント側に逆に発生させているノイズを大幅に改善するので反則的音質向上技術です。
    3-a

・その他

  • DDCで音ってどれくらい変わるの?
    →DDCは基本的にはDACほどの変化はありません。DACはアンプほどの変化はありません。アンプはスピーカーやヘッドフォンほどの変化はありません。しかしどれも例外はあります。
    更に今時のUSB-DDCはどれもビットパーフェクトで入力された信号を違う形式で出力しても信号の改変はありません。それでもDDCごとに音は違います。どうしてなのか私が教えてほしいです。
    X-DDC-Reserve、M2TECHのhiFace Evo、StyleaudioのCARAT-T4、SOtMのdX-USB HD、どれも音は変わります。Windowsではドライバーの違いかと思ってましたが、MacではUSB Audio Class 2.0のドライバーで共通化されてるはずですし、ますます分かりません。
  • デジタルケーブルを変えて本当に音は変わるの?
    →凄い変わったと言う人もいますし、変わらないという人もいます。私はどちらも本当のことを言ってると思います。変わったという人は、その環境では変わってその変化を感じられたのでしょう。変わらないという人は変化を感じられなかったということでしょう。その結果はどちらも必ず変わるとも変わらないとも言えません。これはスピーカーやイヤフォンを変えても、なにも変わらないという人がいるのと同じことです。
    変わったと思わない時は「これは私には分からない」と考えるべきで、変化に気がついた時は「これは違うと感じる」と、その機器環境と私にはの2点を前提にせず、どこでも誰でもと決めつけないのがオーディオの話題を楽しむ方法だと思います。
  • ○○の機材と使える?
    →他メーカーの機種と使えるかとのお問合せも多いです。実際に接続テストできることではないので、接続端子と信号規格を調べてお答えしてます。場合によってはそのメーカーのホームページからマニュアルをダウンロードして調べたり問合せて聞く時もあります。パソコンの設定方法が分からないという場合はマザーボードのメーカーと型番を聞いてマニュアルをダウンロードして何ページのどの項目を読んで設定してと答える場合もあります。
    andoridはほぼ分かりません。機種ごとにメーカーでかなりいじってあり、特にUSBオーディオ関連は機種ごとの差が多すぎます。
  • レビュー送っていい?
    →ぜひぜひ!できればブログなどで紹介できるようにお使いの環境全体を携帯電話で写真を撮って一緒にお送りください。
  • やっと電話がつながった
    →X-DDC-Reserveとは関係ありませんが申し訳ありません。代表電話番号はSkypeInを使っていて、通話中でも話中にならず呼び出し音が鳴ってしまいます。電話は1回線で基本的にサポートは1人なので休み明けや休み前は特にお問合せが多いです。申し訳ありませんが、2015年から電話サポートは終了し、お問合せはメールとWebフォームとなりますのでご了承ください。