X-DAC-HDSD開封

130628b

JAVS X-DAC-HDSD

X-DDCplusが大ヒット中のJAVSが最新技術を投入して開発したハイエンドDAコンバーターがX-DAC-HDSDです。

DSD対応ハイエンドDAC

最新のノイズ対策テクノロジー「ハイスピードアイソレーター」をいくつも搭載し、徹底した低ノイズ化に成功しています。
ディスクリートによる新開発のヘッドフォンアンプはPCMはもちろん、高音質なDSD音声もナチュラルに出力します。

INPUT

入力はUSB、同軸、光、AES/EBU、JAVSLINK(I2S)のデジタル5系統。
USBは24/192、DSDにも対応します。
同軸、光共に192kHzに対応し、プロシューマのAES/EBU端子も搭載することでデジタルセンターやデジタル対応ハイエンドヘッドフォンアンプとしても使えます。

OUTPUT

出力はRCA端子のライン出力に加えてXLR端子のフルバランス出力も搭載。
ディスクリート回路で組んだ新開発のヘッドフォンアンプの音量調節はライン出力(音量固定設定可能)とともに高精度な電子ボリュームにより高音質仕様です。

X-DAC-HDSDは専用段ボール箱に入れられて出荷されます。

130917_a

段ボール箱の中に梱包ボックス。

130917_b

横幅は約25センチ、高さ約9センチ。
ボリュームノブは直径約3.5センチ。
どれも使いやすさとハイエンドDACとしてのスペックを両立させるために考え抜いたデザインです。

パソコンで音楽を聴いてる時に電話などですぐに音量を下げたい時、マウスを音量バーに持って行くか、再生ソフトのウィンドウをアクティブにして一時停止か、なんにしても一瞬の操作とは行きません。
X-DAC-HDSDならボリュームノブを押せばミュートになります。
再生ソースもUsb、Coax、Opt、Aes/ebu、I2sと英字1文字表示により一目で認識できます。

130917_c

X-DDCplusをはじめ、JAVSの価格性能比の高さは一度JAVS機を買って頂いた方には実感して頂いているはずです。

X-DDCplusの19,800円、1万円を切るnano/Sとnano/V、DAC-2USBの29,800円。
どれも他ブランドでは実現できないパフォーマンスレベルにあるのがJAVSのラインナップです。