Walkman NW­A16をIL300 Affettoで聴く(W様)

UBIQUOイヤフォンを気に入っていただいて、ほぼ全種類をお使いのW様よりいただいたレビューです。送って頂いてから掲載がかなり遅くなってしまい申し訳ありません。

  20141115_111344
Walkman NW­A16IL300 Affettoで聴く

今まで何度かレビューしましたが、私はJAVS X3­HDSD­HPAを使っているので、ハイレゾの良さを存分に体感しています。
Walkman A16がハイレゾをどれほど表現できるのか、
IL300 Affettoで検証してみたいと思います。
A16の良い点は、
1ハイレゾを再生できる。
2MP3も音質が良い。
3スタミナがある。

20141115_111235
【 ハイレゾの表現力 】

このサイズを考えると優秀だと言えますが、ハイレゾの良さを存分には体感できません。
同じ曲をハイレゾとMP3を聴き比べると、まぁ、少しハイレゾが優れるかな。
解像度が少し高い、空間表現も含めて、少しきめが細かいかな。解像度と空間表現力が少し優れるように感じます。
ハイレゾの魅力を存分に味わえる、というレベルではないですね。
ハイレゾ音源は音質設定が全て無効になってしまいますが、無効になった割にはいい音出してます。
MP3はEQ設定で好きな音色を作れますが、ハイレゾは繊細な表現ができます。

20141115_111459
【 MP3の音質 】

初代S­MasterのA855と比較すると、解像度、透明度、音のくっきり感、高音、低音、全て向上していることがはっきりと分かります。
ハイレゾを聴かなくても、MP3の音質向上だけでも買う価値があります。
MP3の音質が上がったのでハイレゾとの差が小さいとも言えます。

【 スタミナ 】

とにかくスタミナがあります。
10時間くらい使って、ゲージが一つ減るくらいです。
逆に言えば、この省電力設計では、ハイレゾを十分に表現できません。
ハイレゾの広いレンジ、広い音場、立体感を表現するためには、電圧、電力が必要です。
ハイレゾの醍醐味は味わうには、基本性能が足りない気がします。
この省電力にしては、ハイレゾをよく表現してると思います。

【 総評 】

A16はポータブルとしては非常に優秀な音質です。
IL300で聴くと、非常に良い音を聴けます。
既存のWalkmanやスマホでは聴けない音楽を聴けます。
価格とサイズを考えたら、すばらしいと言えます。
A16の高解像度、高音、低音は迫力がありますが、IL300の超高解像度、超高音、超低音、広い空間、立体感、は発揮できません。
IL300の本当の音を知っている私にとっては、少し物足りない感じがします。
IL300で聴くと、MAXの音量30近くで聴くことが多いです。
一応、聴くことはできますが、もう少しパワーがあれば、と思います。

【 A16 + IL300 におすすめの曲 】

Michael Jackson
アルバム XSCAPE 24bit/96KHz

ハイレゾの良さが分かります。
高域ボーカルの迫力、深く沈むドラム、ハイレゾのレンジの広さ、強弱の豊かさ、空間の奥行き、24ビットならではの立体感による臨場感を味わえます。
自然な空間に入り込めます。
ハイレゾならではの迫力を味わえます。
MP3とハイレゾの違いが分かりやすい音源です。
ハイレゾ専用に予算をかけてマスタリングすれば、すばらしい表現が可能です。
宇多田ヒカルのハイレゾ音源もすばらしいですが、残念ながら、A16では性能とパワー不足で、表現しきれません。