USBフィルターの効果

2-900x604

FL-HiFiUSB-zn

前回も書きましたが、USBフィルターのお問合せがかなり増えています。

音が変わりますか? →変わります!
どれくらい変わりますか? →結構変わります。当たり前ですがケーブルを変えるよりも変わります。
メーカーによって違いますか? →違うらしいです。かなり違うそうです。

「レベルが一段違います。もう元には戻れません」

FL-AC-zn

1

オーディオ用ACアダプター、FL-AC-znは小型で使いやすく、難しい操作や設定もなく、普通のACアダプターと同じ感覚で使えます。
それでいて、一気に音が良くなるので初めてのオーディオ電源にオススメです。
価格もオーディオ電源としてはお手頃ですし、プラスマイナスの極性と電圧などの定格さえ合えばいろいろな機器で使えます。

オーディオ電源をUSBバスパワーで使う方法

USBオーディオ機器は電源入力が無く、USBケーブルから電力をもらって動作する、USBバスパワー方式も機種も多くあります。
この場合は外部電源が使えず、パソコンの電源の質によって音が変わるので、A社のパソコンとB社のパソコンで音が違う、パソコンのどこのUSBポートにつなげるかで音が変わってしまうという場合もあります。

音を良くしようとUSB-DACを使って、良いヘッドフォンを使っても、パソコンの電源をUSBからもらって動作しているのは、USBメモリーやUSBハードディスクと同じ電源品質になってしまいます。

USBオーディオ機器も内部の電源回路で工夫したりもしますが、オーディオ電源を使えるなら、一度お試しいただきたいです。

FL-HiFiUSB-znはパソコンのUSBから電源をもらうか、外部電源を使うかスイッチで切り替えできます。
ここでオーディオ用ACアダプター、FL-AC-znのFL-HiFiUSB-zn用、FL-AC-zn5の登場です。
FL-HiFiUSB-znのスイッチを「Bus」から「Self」に切り換えると外部電源からFL-HiFiUSB-znに入力した電源をUSBケーブルで出力できるようになります。

バスパワー電源しか使えないUSB-DACでもオーディオ用ACアダプターで音質アップが可能になります。

電源カット

USB-DACはバスパワーでは無く外部電源で動作する製品でも、USB回路の認識にUSBからの電源が必要な設計になっている機種が多いです。
しかしUSBケーブルからどうしても流れ込むノイズが、音質劣化の原因になっています。
そこで、USBケーブルの電源のケーブルをカットしてしまい、ノイズの影響を物理的に遮断して解決してしまうという音質向上方法があります。

これは音質向上の効果が大きいけれど使えない機種が多いのが残念なところ。
SOtMは電源カットでも動作するように設計しているメーカーです。
お使いの機種で使えるか、ぜひ試してみてください。
そして使えたらぜひご一報を!

バスパワー機種の電源アップはオーロラサウンドのBusPower-Proでも行えます。