USBオーディオはUSB3.0で本当に使えない?

「USBオーディオはUSB3.0で使えない?」は多くの反響をいただきました。

USB3.0は動かないよと言うだけでは能がないので、できる範囲で調べてみました。

「USB3.0で大丈夫だよ。問題あるの?」っていうメーカーは、聞いてみるとギガバイトのマザーを使ってたりします。
ギガバイトの現行モデルでは特に問題が無いようですが、私自身では確認していません。

USB3.0のコントローラーチップは、AMD、ASMedia、NEC、Etron、FrescoLogic、TI、Renesas、VIAがあるようです。NECとルネサスがかぶってるかもしれませんが、調べた資料では別に記載されていたので一応分けて書いておきます。

インテルも新しいチップセットでUSB3.0に対応したので、今後はコントローラーチップを別に搭載する必要は無くなっていくでしょう。

Macの現行モデルではUSB2.0が無くなってUSB3.0のみとなりましたが、私は確認できておらず、動作とも駄目ともご報告を受けておりません。
現行のMacやインテルの7シリーズのパソコンをお持ちの方がいらしたら動作結果を教えていただけると助かります。

SOtMのtX-USBexpはUSB2.0仕様ですが、信号精度の向上を狙ってTIのUSB3.0コントローラーで処理を行っています。
これが裏目に出てM2TECHやCHORD製品などで相性問題が発生してます。
同じzionote扱い製品で、SOtMのUSBカードと、M2TECHのUSBオーディオが使えない状況です…
それもあってPCI版のtX-USBも併売が続いてます。

X-MOSはMacでの動作にあたって、アップルと共同で開発を進めたという噂があります(事実か分かりません)が、USB3.0しかない現行のMacではX-MOSのUSBオーディオ製品が使えないというお問い合わせをいただきます。
未確認で申し訳なく思いますが、買うこともできず…

ということで、現段階での結論としては、「USBオーディオはUSB2.0で使ってください」という状況です。

USB3.0で動かないという事ではありません。
今のUSB3.0はUSB2.0の互換性が低い場合がある、ということです。