UBIQUOのアイデンティティー、UBQ-ES703

前回はUBQ-ES503/UBQ-ES505を紹介したので今回はUBQ-ES703。

UBQ-ES503、UBQ-ES505は、これまでのUBIQUOイヤフォンの集大成として開発されました。

次なる一歩として、今までの改良や修正ではなく、全く新しく1から企画したのがUBQ-ES703です。

私がはじめてUBIQUOというブランドの存在を知ったその時には、既にUBQ-ES703は完成してました。

最初に703を聴いたのは喫茶店で、パッと聴きでは「サウンドキャラクターは普通。特徴的ではない。」と感じました。

そして数十秒、数分と聴くうちに、「普通だけれど…、普通のレベルが高い!」と思いました。

その後に販売価格を聴いて本当に驚きました。
やりましょう!とその場で返事をしたのは言うまでもありません。

その後、UBIQUOの社長とやりとりしてるうち、日本での販売だけでなくUBIQUO本体の仕事も行うことになりました。

zionoteとして輸入販売を行い、私個人としてもUBIQUOに協力する体制になってます。

zionoteの取り扱いブランドは全てではありませんが、そのほとんどはメーカーの社長と企画から話し合い、音、仕様、形と色、パッケージまで細かく提案します。

※ その最後に価格を話し合うので、売っても売っても利益が上がらないという状態がいつまで経っても改善しませんが…。でもだからこそ価格以上の価値ある製品を公開できてると堂々と言えます。

話しは戻って、UBQ-ES703。
これだけのイヤフォンが5000円以下で手に入るとは、単純に大したもんだと私自身思ってしまいます。

何の気なしに使ってるボールペンや鉛筆のような、気にしてるとまでは言わないけれど他の銘柄に変えたくない肌着のような、遊びにでかける休日ではなく仕事や学校に向かう日常のような、そんな存在がUBIQUOだと考えます。

ユビキタスな存在でありたいという思いから付けられたUBIQUOというブランド名は、社名と、イヤフォンの音そのもので表現し続けてます。

UBIQUO UBQ-ES703、客観的にみても、本当に良いイヤフォンです。

UBQ-ES703をお持ちの方、何千円もする高級なボールペンではなく、使いやすさで選んだ500円前後のボールペンやシャーペンのような感覚で使い続けていただければ嬉しいです。

UBQ-ES703の音を聴いたことがない方、ぜひ聴いてみてください。1曲の一瞬で判断せず、色んなジャンルの色んな音を鳴らしてください。
「普通に良い」という意味を言葉だけではなく音で感じて理解していただけるはずです。

 

「モニタープレゼント!UBIQUOスタンド!」開催中!

ご応募お待ちしております!

 

楽天

価格コム