foober2000 デバイス設定

Windows用高音質プレイヤーといえばfoober2000は外せません。
プチノイズが起きやすかったり、原因不明のトラブルが多かったりもしますが、ストレートでモニターライクなサウンドは音質テストに欠かせません。

メニューが英語ですが、オーディオとパソコンの用語が分かれば難しくありません。

foobar2000

ダウンロードしたファイルを実行すれば、ほぼ自動でインストールは完了します。

インストールが終わったら実行し、設定を行います。
お使いのPCオーディオ機器から音を出すための設定が必要です。

Windowsのオーディオデバイス設定とは別に、foober2000はどのデバイスから音を出すか指定できます。
Windowsのシステム音はパソコン本体やディスプレイ内蔵スピーカーから出し、foober2000の音楽再生はPCオーディオ製品を経由してオーディオシステムから鳴らすといった使い方ができます。


↑左上にあるFileメニューの中に設定があります。


↑Fileメニューをクリックすると上記のメニューが開きます。
Preferencesをクリックします。(慣れたらコントロールキー+Pが便利で早いです)


↑Preferencesをクリックすると上記の設定画面が開きます。この画面は左側の項目部分です。
Playbackの項目の中にあるOutputをクリックします。


↑すると右画面にデバイス設定が開きます。
まずはDS(ダイレクトサウンド)で音を出してみましょう。
印の部分をクリックして表示されるリストの中に「DS:お使いのサウンドデバイス名」があるので、クリックしてください。
右下にあるOKをクリックして設定終了です。

Fileメニューから再生する音楽を読み込むか、音楽ファイルをドラッグドロップし、再生ボタンをクリックすると音楽が鳴り始めます。

ダイレクトサウンドはWindowsXPでも標準で使える設定で安定してます。
しかし他の方式を使うと更に良い音で再生できます。

foober2000はプラグインを追加することでWASAPI、カーネルストリーミング、ASIOなどに対応します。


WASAPI:ワサピ、Windows Audio Session Application Programming Interface。
Windows Vistaから採用された方式で、これまでのDirect Soundより音も良く、Windowsの標準形式なので安定してます。


KS:カーネルストリーミング、Kernel Streaming。
基本的にWASAPIと同様のシステムですが、一般的にWASAPIより音が良い反面、WASAPIより安定性で劣ります。




ASIO:アジオ、Audio Stream Input Output。
音楽製作用に作られたシステムですが、OSによる音質劣化を防ぐために音楽再生でも使われます。
MacOSのCore AudioはASIOとほぼ同じスペックなので、ライセンスされて使われてるのでは、とも言われてますが実際どうなのかは分かりません。

 

ASIOが使えればASIO、安定していればカーネルストリーミング、安定重視ならWASAPI。
テストや比較試聴でDirectSound。この順番をお勧めします。

再生ソフトで音が変わるのかと言えば、結構変わります。

foober2000は無料で使えて定番中の定番で、ダウンロードやプラグイン(コンポーネント)などの方法も検索すればいろいろ見つかるので一度は使ってみてください。

 

foober2000をGoogleで検索