dX-USB HD / dAC-200HD Windows用ドライバー 1.56

SOtM

dX-USB HD / dAC-200HD/+CL Windowsドライバー

Version 1.56

00000

問題がある場合はFAQ情報をご参考ください。

 

2

  • 解凍したファイルの「install.exe」を実行します。

 

7

  • インストールプログラムが起動します。
  • 「Install」をクリックします。

8

  • 「Install」をクリックします。

9

  • 「Finish」をクリックし、インストールは終了です。

130208a

  • インストールが完了すると、Windowsのタスクトレイにコントロールパネルが常駐します。
  • このアイコンがコントロールパネルです。
  • このアイコンをクリックしてコントロールパネルを開きます。

3

  • ドライバーのバージョンを確認します。

4

  • このバージョンではバッファー設定が可能です。
  • Minimum latency、Low latency 、Standard 、Relaxed 、Safe 、Extra Safeから選択します。
  • ExtraSafeが安定性重視の設定になります。

5

  • 「Device」メニューにある「Streaming Mode」は標準で「Power Saving」になってます。
  • この項目を「Always On」にすると音質が向上します。

このSOtMのdX-USB HD/dAC-200HD用ドライバーはUSBコントローラーのX-MOSというチップメーカーが提供するリファレンスドライバーです。
このドライバーは弊社製品ではSOtMの他にも、M2TECHのhiFaceTWO、izoのiHA-21EX-2013やM1、M1-zも基本的に同じドライバーとなってます。
よって致命的なバグなどドライバーの問題はまず起こりませんので、もし問題がある場合は同時起動中のソフトウェアを終了させるなど、できるだけクリーンな状態で再インストールを行ってください。
FAQ情報もご参考ください。