BAB1-XA&BAB3-JE

MCUを使ったポータブルヘッドフォンアンプ、JL Acoustic LabsのBAB1-XAとBAB3-JEを発表しました。

昨年のヘッドフォン祭りで参考出品してから約1年。
企画段階からだと時間をどれだけかけたか分かりません。

ニュース記事では再生時間が目立ちますが、私自身を含めて、再生時間を聞かされずにまずは音を聴いてみて、それだけで驚きます。

とにかくクリアーで高解像度、それでいて余韻や楽器の表現も綺麗なんです。
これだけの音質を持ったポータブルアンプはそう滅多にありません。

個人的な感想で言えば、そう滅多にないという言葉でも控えめなくらいです。

これは実際に試聴して判断していただきたいです。

イヤフォンやポータブル用ヘッドフォンの場合はBAB1-XAをお勧めします。

インピーダンスの高いハイパフォーマンスなヘッドフォンなら断然BAB3-JEがお勧めです。

私はイヤフォンでもBAB3-JEの音が好きですが、アンプを使わなくても音量に全く問題が無いイヤフォンや高感度イヤフォンの場合はBAB1-XAとの組み合わせの方が好きだという方が多いと思います。

イベントではイヤフォンを使ってる方でも「BAB3-JEの方が良い」という方の方が多かったですが、ヘッドフォンをほとんど使わずポータブルヘッドフォンやイヤフォンメインならBAB1-XAの方が良いと思います。

どんな音なのか、どれくらいのサイズと重さなのか、イヤフォンとヘッドフォンでどう鳴るのか、DAPなどのプレイヤーとどれだけ音が変わるのか。
そして実際にお使いになられたら、お使いのイヤフォンやヘッドフォンで何時間いけるか。
もし機械が好きな方ならば中の基板を見て、本当にOPAMPでもディスクリートでもないのか、本当はデジタルアンプチップが入ってるんじゃないか、数百時間と言うからには中は電池でいっぱいなんじゃないか。

ぜひ実際に聴いて、そして見て、ご確認ください。