2015年3月総合出荷ランキング

遅くなりましたが3月の総合出荷ランキングです。
前回、2月ランキングはコチラ

10位 Styleaudio CARAT-T4

Carat_T4_11

StyleaudioのUSB-DDC、USB Audio Class 2.0仕様のCARAT-T2の後継機です。
TOPAZ SignatureはDAC機能が優れてますがUSB回路がUSB Audio Class 1.0の24/96なので、T4と組み合わせることでパソコンから24/192再生が可能になり、非同期転送やASIO対応などの音質向上が可能になります。

9位 UBIQUO ES903

121017a

IL300affetto、IM300Aise、SONOCOREのCOA-1004などでzionoteのホームページにアクセスされた方が、UBIQUOを初めて見てオープン型ハイエンドイヤフォンの存在を知るというケースが多いようです。
ダイナミックドライバーのオープン型でハイエンドイヤフォンを目指したUBIQUOのES903は全てのイヤフォン好きの方にお勧めします。

8位 FIDELIX FL-AC-znシリーズ

3-a

ACアダプターのオーディオ機器のヒット機種が出ると、その定格のFL-AC-znのオーダーが増える、オーディオ電源の定番と言えるほどの機種となりました。最近ではDENONのDA-300USB用のお問合せが続いたので製品化を進めています。

7位 FIDELIX FL-HiFiUSB-zn

1

電源のFL-AC-znと同じく、USBバスパワーのヒット機種が出るとFL-HiFiUSB-znのオーダーも増える、USBノイズフィルターの定番といえる機種です。FL-HiFiUSB-zn用FL-AC-znと組み合わせて、FL-AC-znの電源をUSBバスパワーに流せるのも大きなメリットです。

6位 UCOTECH IL300affetto

140504_b

いろいろなイヤフォンが登場しますが、カナル型イヤフォンで最高峰機種の1つと言えるのが、このaffettoです。
プレイヤー直結でも高性能アンプでも、どんな状況であってもその状況で最高の音が楽しめる、底知れないポテンシャルを秘めるUCOTECHのハイエンドモデルです。
見かけたら一度聴いてみてください。

5位 JAVS X-DDC-Reserve

JAVS_X3DDC_reserve01

DACのUSB性能に満足できない方、USB-DDC選びに困ってる方、このX-DDC-Reserveにして失敗はまずありません。
MacでもWindowsでも、もっと言えばUSB-DDCが必要無くてもアップサンプリングやリクロック目的でお使いの方もいらっしゃいます。
お使いのUSB-DACでパソコン再生が不安定だったり、音が途切れたりする場合、苦労しても改善しないならX-DDC-Reserveの導入をご検討ください。

4位 SOtM FanNoiseFilter2

FanNoiseFilter2_1

この小さいパーツがSOtMの主力製品だったりします。
パソコンのケースファン、CPUファンのモーターノイズをフィルタリングして音質を向上させます。
これがよく効くんです。ファンレスパソコンなら必要無いんですけれどね。

3位 Styleaudio CARAT-P1

CARAT-P1_04

私はパッシブプリという存在をこの製品で知りました。
悪く言えばセレクターとボリュームだけです。必要無いという人も少なくないと思います。
しかしプリアンプを使ってる人には、これを待ってた!という方が意外に多いんです。プリアンプって何かと言えば、入力切り換え、高低の調節、音量調整、機種によってはフォノイコ。
フォノイコは必要無いか別に用意するという場合がほとんど。
高低の調整は必要無いを超えてあったら音質劣化の原因であったら困るというのが現代の主流。
となると入力選択と音量調整がプリアンプに残された必要な機能で、そうなるとパッシブ回路で組めば更に低ノイズ化が可能で、必要な機能を高精度化できる、というのがパッシブプリ。
入力切換は高音質化のためにリレー式で、このリレー切り換えにのみ電源が必要で、音に関係する部分には電源を使わない設計です。
2系統の切り換えをしたい、音量も調整したい、そう感じたらこのCARAT-P1を思い出してください。

2位 JAVS X-nano

150228a

X-nanoのオーダーがじわじわと増えてきています。
DSD対応機種を買って使ったものの、思ったほどの音質では無かった、期待外れだった、X-nanoはどうかとというお問合せをいただくと、何が期待外れだったのか、何が思ったほどじゃなかったのかと聞いて行くと、DSDを再生して最初は面白かったけれどPCMを再生してみたら前から持っていた古いDACやヘッドフォンアンプの方が音が良かった、という事が多いようです。
再生できることと音が良いことは別です。
DSDに対応していなければ音を鳴らすこともできません。
取りあえず鳴らすことが目的なのか、良い音を楽しみたいのか。
JAVSは有名高級ブランドではありませんし、エレガントなデザインでもありません。しかし中身は有名ブランドの設計や生産を行っているメーカーが年単位で開発した製品なんです。

1位 SONOCORE COA-1004

COA1004_02

発売というか発表してから大人気のCOA-1004。
ソノコアのファーストモデル、COA-803が大人気でしたが、COA-1004はCOA-803を大幅に向上させたイヤフォンです。
説明はもうそれだけで十分なので、実際に聴いてみてください。