2013年販売ランキング

2013年のジャンル別出荷ランキングを発表します!

上半期のランキングは「2013上半期・出荷ランキング・ジャンル別」をご覧ください。

 

PCパーツ部門

1位 SOtM FanNoiseFilter2

2位 SOtM SATAnoiseFilter2
3位 SOtM tX-USB

1位は圧倒的な出荷数でFanNoiseFilter2でした。
1個買って使っていただいた方が効果を感じて2個3個と追加購入されるケースが多いです。一番安いですが音質向上効果はFanNoiseFilter2が一番高いです。

SATAnoiseFilter2も追加購入される方が多く2位となりました。
HDDのようにモーターが無いのでSSDはノイズが無いと考えがちですが、高速なRAMがノイズ源となっているようにSSDもモーターとは違ったノイズを発します。SATAnoiseFilter2はHDDとSSDの両方のノイズに対応しています。

tX-USBはPCIスロットに接続し、オーディオ専用のUSB出力を行う拡張カードです。USB信号とUSBバスパワーをオーディオグレードとして生成出力します。
上半期のランキングではPCIexpress版のtX-USBexpが3位でしたが下半期の集計でtX-USBが抜いてしまいました。tX-USBはUSBポートが2つ有りますが、1つは空けておいて1つだけ使う方が音が良いです。

 

イヤフォン部門

1位 UCOTECH UCT-IM100

2位 UBIQUO UBQ-ES903
3位 EXS X10

1位はUBIQUOを送り出すUCOTECH社が社名をかけて開発したIM100!
低価格ながら素直な音とマイク付きでiPhoneやandroidでも使えるのが人気です。

2位はES703の更に上位機種となるES903でした。703よりも更に自然な鳴りで、つまらないと感じるか普通に良いと思われるか。この普通に良いと言うのは実際かなり難しいところです。

EXSはX10、X15、X20とあり、3機種がほぼ同数売れてますが、ギリギリでX10が3位となりました。
3モデルとも音はかなり違っていて、X10はストレートで分かりやすい音です。個人的に私も常用してるモデルです。

 

DDC部門

1位 JAVS X-DDCplus

2位 M2TECH hiFaceTWO
3位 M2TECH hiFace Evo

USB-DDCといえばX-DDCplusというくらい大ヒットとなってます。
Windows環境で動作がおかしいという場合、オリジナルドライバー2.0.3ではなく、X-MOSドライバー1.61が最新ですので数字ではなく公開日で確認してください。
FIDELIX FL-AC-zn1も使用可能です。

2位はM2TECHのhiFaceTWO。USBポートに直接さして同軸出力を行う簡単さとhiFaceゆずりの確かな音質が評価を受けてます。

3位もM2TECHのhiFace Evo。外部電源仕様となりクロック入力も可能でステップアップによる音質向上が可能で、FIDELIX FL-AC-zn1やFL-AC-zn2が使用可能です。

 

DAC部門

1位 Styleaudio CARAT-SAPPHIRE/LE

2位 M2TECH hiFaceDAC
3位 JAVS X-DAC-HDSD

現在zionoteではDAC単体機は種類が多くありませんが、StyleaudioのSAPPHIREの後継機、SAPPHIRE/LEが1位でした!
Styleaudio製品はヘッドフォンアンプ内蔵USB-DACが主なラインナップですが、そのどれもライン出力の音の良さが評価のポイントになっています。そのライン出力に特化した単体DACがSAPPHIREで、最新モデルがSAPPHIRE/LEです。小型ながら音質は文字どおりハイエンドです。

2位はM2TECHのhiFaceDAC!
hiFace/hiFaceTWOと同サイズでDAコンバーターとなったモデルです。イヤフォンもヘッドフォンも直接つなげて高音質再生を楽しめます。

3位はJAVSのハイエンドモデル、X-DAC-HDSD。
ハイスピードアイソレーターを複数搭載し、ヘッドフォンアンプは新開発のClassA回路。DSDにも対応し、バランス&アンバランス出力も可能なハイエンドDAコンバーターです。バランス出力の音は本当に素晴らしいです。

 

統合型部門

1位 Styleaudio CARAT-TOPAZ Signature

2位 Styleaudio CARAT-PERIDOT2
3位 Styleaudio CARAT-RUBY2Custom

TOPAZ Signatureが1位でした。
2位、3位とStyleaudioが続きますが、3製品の違いは比較表をご覧ください。

 

ヘッドフォンアンプ部門

1位 Lzio HAV3/HAV3-SE

2位 JL Acoustic Labs BAB1-XA
3位 JL Acoustic Labs BAB3-JE

DAC機能の無いヘッドフォンアンプ単体機もラインナップが少ないので、月産40台限定で先日発売になったばかりのHAV3が1位となりました。量産製品では難しい大型パーツをポータブルアンプに搭載し、バランス出力にも対応するプレミアム製品です。
BAB3-JE、BAB1-XAはMCUによって300時間動作する画期的なポタアンですが、MCUが特殊すぎて手に入らず再生産できないでいる幻の名機となりつつあります。お問合せをいただきますが、MCUの手配はずっと行っており、入手でき次第再生産するようメーカーには要請を続けております。

 

以上!2013年のランキングでした。
次回は2014年の上半期ランキングで7月公開予定です。