2012年販売ランキング:USB-DAC編

USB-DDC編に続きまして、USB対応DAコンバーター、USB-DAC編です。

2012年販売ランキング:USB-DAC編

パソコンのUSBポートに接続して、パソコンの音声をアナログ音声信号へ変換するのがUSB-DACです。
デジタルのUSB信号を音として鳴らすためのアナログ信号に変換するので、デジタル/アナログ・コンバーターでDAC(ダック)と省略し、USB信号を元に変換を行うのでUSB-DACと言ってます。

zionoteが扱うUSB-DAC、2012年の販売ランキングを発表します!

 

第5位

Styleaudio CARAT-RUBY2Custom
R2C_05位はStyleaudioのヘッドフォンアンプ内蔵USB-DAC、CARAT-RUBY2Custom!

RUBY(日本未発売)、EMERALD、RUBY2と続いたシリーズの最新作がRUBY2Customです。
RUBY2は2011年の震災の影響で入手できないパーツがでて生産できなくなり、パーツを換えるのと同時にカスタムチューンを進め、最新ヘッドフォンアンプを搭載したモデルです。

ヘッドフォンアンプ内蔵DACという構成はESIのDR.DACという製品で登場しました。
この時私は企画から発売前までのマーケティングとテクニカルサポート責任者を担当していました。
オーディオ用も想定しましたが、どちらかといえば業務用で、パソコンや周辺機器の進化でスタジオ作業から自宅作業に移りつつある環境で使う事を考えた企画でした。

その後にStyleaudio社が立ち上がり、レコーディングなどの業務用ではなく、自作やガレージメーカーのレベルではなく、オーディオメーカーが作るオーディオ機器として企画・開発されたのがStyleaudioのCARATシリーズです。
今でもよく言われますが、CARATは「キャラット」と読みます。

StyleaudioはHi-Fiに類してPC-Fiと言ってますが、USB接続でパソコンを使った音楽鑑賞に使える機器を作り提唱したのはStyleaudioが初でしょう。
PCサウンドではなくPCオーディオ、USB-DACという言葉を広めたのもStyleaudioだと思います。

現在のStyleaudioにあるUSB-DACは3モデルあり、RUBY2Customはその中のミドルレンジモデルです。
3モデルの違いは比較表をご覧ください。

比較表から、コストパフォーマンスとバランスが一番良いのがRUBY2Customだとお分かりいただけるはずです。
最新ヘッドフォンアンプを搭載する最上モデルになってます。
ぜひ試聴展示店で3モデルの音を聴き比べてみてください。

 

第4位

JAVS nano/S
nanos_4USB-DAC部門の第4位はJAVSのnano/Sです!
JAVSは「ジヌン・オーディオ・ビジュアル・システムズ」の略です。
ジヌンはメーカーのジヌンエレコムの社名です。

nano/SはUSB-DDC部門でもランキング入りした複合機です。
USB-DDC、USB-DAC、そしてヘッドフォンアンプまで搭載して、これだけコンパクトで低価格というコンパクトモンスターモデルになってます。

このサイズで、ビットパーフェクト、24/96対応、USB Audio Class1.0対応、インピーダンス300Ωのヘッドフォン対応、OPAMPにAD8397採用、光出力・ヘッドフォン出力搭載、1PPMのTCXO搭載、正負電源動作仕様、低ESRコンデンサー使用、この内容で6300円という価格はICやOPAMPの単価からも考えられません。

JAVSは開発部から生産ライン、QC部門と全てを社内に持つために圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。
価格が安いのではなく、コストパフォーマンス、価格性能比、使用満足度が圧倒的に高いブランドです。

nano/Sは手で握れるようなサイズですが、高級OPAMPを搭載し、正負電源動作をし、クロックにTCXOまで使い、光出力にヘッドフォン出力も可能で、周辺パーツも高級オーディオ製品に引けを取らず、実際に音が良いです。

パソコンで音楽を聴くけれどヘッドフォンアンプを使ってない方に、USBで接続できるヘッドフォンアンプとして使えるので最適です。
2個目のイヤフォンを買う前に、ヘッドフォンアンプ内蔵のUSB-DACを使ってみる事もお勧めします。

 

第3位

JAVS DAC-2USB
2USB-DACの3位はDAC-2USB!
nano/SとJAVSが続きました。

ヘッドフォンアンプ内蔵USB-DACと言えば多くのモデルがありますが、DAコンバーターとしてもヘッドフォンアンプとしても実際にハイエンドレベルにあるのがJAVSのDAC-2USBが凄いところです。

JAVS製品は価格が安いモデルが多いので、高級ブランドという印象を持つ人はいないでしょう。
しかし販売価格はそのモデルの性能を現すとも限りません。
どのレベルのエンジニアがどれだけ時間をかけて開発するのか、どの程度の開発力を持つマネージャーが情熱を持って完成度を上げるのか、回路のコスト、メーカーによってはその製品価格の何パーセントが広告費なのか、販売店を増やせば展示機を置く事になり、その費用も販売価格から出ます。
更には大企業の場合、試作しても商品化しない場合も少なくありません。何人かで何ヶ月かけて作った物でも商品化しなければ数百万から数千万円の出費で、それは商品化した製品の販売利益で埋められます。

中小企業はそのような事はまずできません。
作ったからには商品化します。商品化するからには売れなければ大損害です。
そのために必死で考え、必死で作ります。そう言う会社で自社に生産ラインを持っていると言うことがどれだけ有利か計り知れません。
そう考えれば、販売価格で製品をカテゴライズする意味はほとんど無いと分かるはずです。
※脱線しますが、大手化粧品メーカーは販売価格の80%以上が広告宣伝費だそうです。

JAVS製品の音を聴く時は、いったん販売価格を忘れて考えずに音に集中して聞いてみてください。
特にDAC-2USBにSPDIFかJAVSLINKでI2S入力したヘッドフォン出力の音は特筆モノです!

 

第2位

Styleaudio CARAT-PERIDOT2
per2_0第2位はStyleaudioのPERIDOT2でした!
ヘッドフォンアンプ内蔵USB-DACの普及モデルがCARAT-PERIDOT2です。

普及モデルと言っても、光入力でも24/192対応し、Styleaudioの最新ヘッドフォンアンプを搭載しています。
この最新ヘッドフォンアンプ回路はPERIDOT2で初搭載しました。

テキサスインスツルメントのTPA6120を使ったアンプ回路で、このチップは周辺回路、特に電源部をしっかり作ってやれば、本当に良い音で鳴るチップです。

「パソコンで音楽を聴くけれどどうすればいいの?」という方には、まずこのPERIDOT2を使って、今お持ちのイヤフォンを使ってみてほしいです。
パソコンでこんなに良い音で音楽が聴けるのかと、音楽がもっと楽しくなるはずです。
19800円は安い買い物ではないかもしれませんが、100曲を良い音で楽しめると思えば1曲200円と考えて、100曲以上聴くのは無料と思…うのは強引ですね…

 

第1位

Styleaudio CARAT-TOPAZ Signature
TOPAZs6032

2012年USB-DAC部門のトップはStyleaudioのCARAT-TOPAZ Signature!

2011年に価格コムのヘッドフォンアンプ部門でトップの金賞をいただきましたが、2012年も販売トップでした。
もうすぐ発売から2年になるモデルですが、Styleaudioのハイエンドモデルだけあってトップ性能を誇ります。

Styleaudioの比較表のとおり、TOPAZ Signatureのパフォーマンスは圧倒的です。

発表当時のe☆イヤホンさんのブログを紹介します。
【新製品】CARAT-TOPAZ Signature

その他のレビューも製品ページ下部にリンクを掲載してますのでご覧ください。

新製品が1位でなく、それも2年間ずっとトップのモデルが不動というのはランキング的におもしろくないかもしれませんが、数字は事実です。

1年前くらいまではお店の試聴やネットのレビューを見て買ったという方が多かったですが、2012年になってからは友達に勧められたり、友人の家で聴かせてもらって欲しくなって買ったという方が多かったです。

TOPAZ Signatureはその名のとおり、TOPAZの、そしてStyleaudioのSignatureモデルです。
Styleaudioの社長はハイエンドオーディオマニアです。
しかし良い音で音楽を楽しむために、数百万円もするような機種を簡単に人に勧められないので、手軽に買える価格で良い音を楽しむ方法を考えた結果として、パソコンをプレイヤーに使うPC-Fi、PCオーディオにたどり着き、当時主流だったサウンドカードではなくノイズから逃れるためにUSBでの外付けを考え、USBオーディオ、USB-DACの流れを作ってきました。

人気がある物を作る、売れそうな物を作るというスタートではなく、良い音で聴く方法を人に勧めたい、1人でも多くの人に良い音で音楽を楽しむ方法を伝えるためにお金を多く使わなくても買える製品を提供したいというスタートです。

私はStyleaudioの物づくりの姿勢に本当に感銘を受けます。
zionoteを作ったのはStyleaudio製品を日本で売るのが目的でした。
Styleaudio製品を見て、社長に初めて会って話して、この製品を日本に紹介したいと強く思いました。
2012年のUSB-DACのトップがStyleaudioのCARAT-TOPAZ Signatureで、私個人としても嬉しいです。