連載 ネットワークオーディオ入門 第1回

ネットワークオーディオ入門

第1回 「PCオーディオより簡単?」

パソコンで音楽を聴くには、CDドライブにCDを入れて、iTunesやWindowsMediaPlayerを使ってパソコンの内蔵スピーカーで聴くことから、USBオーディオ機器を使い、foobar2000やAudirvanaなどの高音質プレイヤーソフトを使う方法と広がってきました。

iPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットも急激に進化し、BluetoothやAirPlayなどワイヤレスオーディオも簡単に使えるようになりました。

SSDの低価格化とNASの普及で、パソコンの起動ドライブはSSDにして、音楽や動画などのデータはLAN接続のHDDに入れる方も多いです。

ネットワークオーディオをまだお試しでない方、やってみると意外と簡単に始められます。
この連載では、どのような物かの紹介から、導入と実践までを説明していきます。

「意外と簡単」というのは、USBオーディオ機器を買って、Windowsのfoobar2000、MacならAudirvanaなどのソフトをダウンロードして設定しお使いの方なら、難しくないです。
はじめてUSBオーディオ機器を接続して、場合によってはドライバーのインストールをして、再生ソフトもダウンロードや設定など、初めての時は分からない事があってネットで調べたり設定をいじって試行錯誤もあったのではないでしょうか。
そういった経験がノウハウとなり、ネットワークオーディオが難しくないと紹介できると考えて、この連載を始めますのでよろしくお願いします。

お読みいただいて分からない点をネットで検索しても解決しない際はお問合せフォームからお知らせください。連載内で解決していこうと思います。

次回は第2回、「ソフトのインストール」の予定です。