独断と偏見でPCオーディオ正味な話し(ヘッドフォンアンプ編)

独断と偏見でPCオーディオ正味な話し、今回はヘッドフォンアンプ編です。

ヘッドフォンアンプ

説明など必要無いかもしれませんが、ヘッドフォンアンプはライン出力のみでヘッドフォン端子が無いアンプでヘッドフォンを使いたい時に必要です。
しかしヘッドフォンアンプは登場当初から音質向上を目的に作られ、使われてきました。

音量を上げたいための文字通り「アンプ」で、音を良くするための物ではないという考え方もあるようですが、そうは思いません。

スピーカーを鳴らすためのアンプに付いているヘッドフォン端子は、スピーカー出力から分岐していたり、専用回路搭載と言ってもごく簡単な物が多いのが現実でした。

ヘッドフォンを良い音で鳴らすための専用回路が開発されネットで広まりました。
その設計を基に多くの自作品、ガレージメーカー製品が登場し、約10年程前からメーカー品が登場しはじめ、ヘッドフォンブーム、PCオーディオブーム、イヤフォンブームと続き、今があります。

音楽の聴き方がCDからファイル化し自由性が増した現状で、ヘッドフォンやイヤフォンは今後ますます増えていくでしょうし、音質向上の一手としてヘッドフォンアンプの性能も上がっていくでしょう。

 

Headphone AMP

Styleaudio CARAT-RUBY2Custom
JAVS DAC-2USB
Styleaudio CARAT-TOPAZ Signature
Styleaudio CARAT-PERIDOT2
JL Acoustic Labs BAB-1JE(開発中)

 


CARAT-RUBY2Custom

DR.DACが確立したヘッドフォンアンプ内蔵DACという構成は、UD1から始まるStyleaudioのCARATシリーズでパソコンでオーディオを楽しむ、PCオーディオとなりました。
UD1、HD1、HD1V、そしてPERIDOTと進化し、RUBY、RUBY2、RUBY2Customと続くRUBYシリーズの最新モデルがRUBY2Customです。

上位シリーズ、プレミアムラインJewelの8代目、そして3代目のRUBY。
RUBYはStyleaudioの代名詞だとStyleaudioが自ら語る思い入れを持って開発、生産するモデルの最新型は、新開発のヘッドフォンアンプを搭載し、熟成を重ねたDAC回路とで構成されます。

TOPAZ、PERIDOTと3モデルの中で最もバランスの取れた主力機で一番人気モデルです。

 

 
DAC-2USB

他社のオーディオブランドや業務用レコーディング機材ブランドの開発や生産委託を請けてきたジヌンエレコム社がハイエンド・オン・デスクトップを標榜し立ち上げたオリジナルブランド、JAVS。

新しいブランドでも長年の技術が凝縮された製品を開発生産しています。
そしてJAVSの特徴は開発から生産、検査、出荷まで自社で行える点を活かした圧倒的なコストパフォーマンス。

オリジナルブランドの立ち上げ後も、他社ブランドのOEM、ODMを続け、常に最新技術の研究開発も怠らず、JAVS製品で100%還元、開花させています。

DAC-2USBはJAVSのヘッドフォンアンプ内蔵DACとして3機種目になります。
前モデルのDAC-2MARCHでヘッドフォン出力も評価されましたが、後継機となるDAC-2USBではヘッドフォンアンプ回路を一新し、更なる高音質化に成功してます。
この価格で考えられないようなOPAMPを搭載してます。
OPAMPに興味のある方はOPAMPの型番で調べてみてください。

ヘッドフォン出力が2つあるので、ヘッドフォンとイヤフォン、同じイヤフォンを2つ同時になど鳴らせるのも比較やエージングに便利です。

UDT-1やX-DDCとのJAVSLINKによるI2S接続も可能なハイパフォーマンスモデルです。

 

 

 
CARAT-TOPAZ Signature

RUBYシリーズの上位モデルとなるTOPAZの最新モデル。
ヘッドフォンアンプ内蔵USB-DACの最上位機種です。

単体DACのSAPPHIRE、単体DDCのT2の技術を採り込んで構成した名実共にハイエンドフラッグシップモデル。
長い時間をかけて音質を高めていくStyleaudioの開発スタイルでTOPAZの名を更に上げた名機です。

私がヘッドフォンやイヤフォンを聴く時のレファレンスアンプの1台です。

 

 

 
CARAT-PERIDOT2

StyleaudioのJewelシリーズはPERIDOTから始まりました。
そのPERIDOTが長い年月を変えてモデルチェンジしました。

正直、Styleaudioの社長は頑固で何度も微妙な関係になりました。
しかしビジネスではなく音楽が好きで商売抜きでも仕事すると言う根っこの部分が共通してるので何年も繋がってます。
正直、色々ありました。
私も向こうも。
本当に、音楽が好きじゃなかったらお互いとっくに終わってます。

この価格で24/96対応USB、24/192対応光。
そして新型ヘッドフォンアンプ。

PCオーディオ初めの一歩にこれ以上ない最高の1台です。

 

 
BAB-1JE

JL Acoustic Labs。まだ自作ブランドとガレージメーカーの間にあるブランドですが、その技術とノウハウは非常に高く、PAFやポータブルオーディオ研究会の展示でお聴きいただいた方はその音ですぐにお分かりいただけたはずです。

スターリングシルバーを使ったイヤフォンは、単に貴金属を使ったイヤフォンというわけではなく、某有名ブランド高級イヤフォンにも使われているユニットを使い、音響特性からマッチする素材を選んだ結果の金属なんです。

超低ノイズ、高音質なポータブルヘッドフォンアンプがBAB-1。
ディスクリートでもOPAMPでもないデジタル回路構成で、現在はファームウェアで音質向上の最終調整を行ってます。

このヘッドフォンアンプは凄いですよ!