対決! tX-USBexp VS tX-USBhub!

IMG_3712

SOtMのtX-USBシリーズに、ついにUSB外付け版が登場しました。
ノートパソコンで使えるようになり、、MacでtX-USBシリーズが使えるようになりました!

tX-USBはPCIスロット、tX-USBexpはPCIexpress接続で、PCIもPCIexpressもマザーボードに直接取り付ける拡張スロットなので、PCケースを開けてマザーボードに直接取り付けます。

パソコンのハードウェア的にはPCIやPCIexpressの方がパフォーマンスが高いと考えられますが、USBのパフォーマンス向上とSOtMの研究開発で、PCIではなくUSB接続でも高い効果を得られるようになりました。

で?どっちが良いの?

で、正味な話し、効果の高いPCI接続と、最新の研究開発によるUSB接続と、どっちが音が良いのって疑問になります、よね?

テストしました!

複数のPC環境でテストしてますが、パソコンによって変化に若干の違いがありますが、tX-USBよりtX-USBexpの方が良いです。
tX-USBexpと内蔵USB接続型のtX-USBhubInだと、音の違いはごく僅かに感じられますが、音質向上でいうと同じレベルです。
そして内蔵型と外付け型の違い、tX-USBhubInとtX-USBhubExと比較は、中身がほぼ同じなので当然ですが、音も同じで違いは判断できませんでした。

tX-USBシリーズ最新モデル、tX-USBhubEx

ノートパソコンや外付けが便利な場合はtX-USBhubEx。
パソコン本体から外付け機器を増やしたくない場合はtX-USBhubInをお使いください。

USBハブと考えたらありえない価格ですが、USBのクロック打ち直し、USBの電源処理、USB信号のノイズフィルター、USB電源のノイズフィルター、tX-USBhub自身のノイズ対策、ここまでやってUSBオーディオの音質を向上させるデバイスです。

電子部品は大量販売品は数円や数銭のものもありますが、高精度品、選別品など数百円、中には数千円の物もあります。価格差で言うと数十倍、数百倍になるのも珍しくありません。
OPAMPでも安い物は数十円ですが、音質で選ばれる高額なものは数千円で、やはり価格差は百倍ほどになります。
機器を動かすための電子部品と、音を良くしようと開発しチューニングを行って部品選定を行った電子部品の違いです。
動けば良いんだよと言うのは聞ければ良いんだよということです。

tX-USBhubの効果

USBハブはUSBポートを増設するための物なので、音が悪くなることはあっても良くなることはありません。
tX-USBhubはオーディオ製品として音を良くするための物なので、音が良くなりますが、悪くなるわけがありません。

メーカーのSOtMはtX-USBシリーズを5年開発し続けていて、今回のtX-USBhubExは4機種目です。
ついにUSB外付け版の登場でノートパソコンでも使えるようになります。
USBケーブルを変えるよりもパソコンのUSB自体をグレードアップするtX-USBhubを先に導入する事をお勧めします!