ワイヤレスオーディオって便利

ワイヤレスオーディオを使った事はありますか?
これまではイヤフォンのケーブルが邪魔ならワイヤレスヘッドフォンという使い方がほとんどでしたが、最近はスマートフォンやタブレットで動画やゲームをする時に、内蔵スピーカーの音では貧弱過ぎるので外部スピーカーで鳴らすという場合が増えてます。

Bluetooth

ワイヤレスオーディオで最も普及している規格がBluetoothです。
iPhoneやandroidなどほとんどのスマートフォンに内蔵されているので、対応製品がとても多いです。
これまでは転送速度や圧縮形式の制限で音質に問題がありましたが、昨年あたりから広まってきた新バージョンでかなり音質が上がってきました。

kleer

ゼンハイザーやTDK、DigiFiなどが採用したkleerという規格もあります。
海外にはカーオーディオに採用する高級車も存在します。
Bluetoothよりも音が良く、音切れも圧倒的に少ないですが、採用製品が少ない状況です。

APPLEの独自規格「AirPlay」

iPhoneやAPPLETVで使われるAPPLEの規格です。
iPhoneやiPadで再生中に、iPhoneで再生するかAirPlayで再生するか簡単に切り替えられるので、とても便利で音質も悪くありません。
問題はAPPLEの独自規格なので、APPLE製品で固めた環境はともかく、サードパーティー製品がまだ多くありません。
またこれまではAirPlay機能を実現するICを原因とする制限がありましたが、対応ICの選択肢が増え、これまで以上に良い製品が出てくる可能性が高まりました。

オープン規格「AllShare Cast」

Wi-FiアライアンスはAirPlayと似た様なMiracastというオープンな規格を作りました。
一般的にAllShare Castという名でAPPLEの独自規格なAirPlayを使えないandroidで採用が進んでます。

ワイヤレスオーディオ

まだこれから開発に入る状態ですが、AirPlayやAllShare Castに対応したワイヤレス製品を企画してます。

海外企業の海外ブランドによる企画ですが、試作サンプルが完成したら1号機がzionoteに届く予定です。

ワイヤレスオーディオだけでなく、特徴的な機能をいくつか搭載する可能性もあり、楽しみな製品企画となってきました。

サンプルの完成まで早くても半年はかかる見込みなのと、zionoteの名前で表に出して良いかも未定ですが、その時が来たらいち早く公開します。