セリーヌ・ディオン Shadow of love

写真 H27-11-02 11 29 47
久しぶりにしびれる思いをさせてくれた曲。
高域がどうとか低音がどうとか、音じゃなく音楽に浸らせてくれる曲に出会えました。
Celine Dion – Shadow of love
[youtube]https://youtu.be/CeT4Wm_sZWI[/youtube]
本屋をぶらついていてBGMで流れてきて、良い曲だなとShazam(※スマフォで曲の音を拾うと何の曲か調べてくれるアプリ)で調べて、すぐCDを買いました。

Taking chances

Taking Chances
セリーヌ・ディオンのCDを買ったのは初めてで、バラードのイメージを持ってましたが、このアルバムはバラードばかりではなく、誰もが聴いたことがあるヒット集でもなく、ファンじゃなくても大満足間違いなしのオススメです。

iPhone6S付属イヤフォンで聴く

MD827

iPhone付属イヤフォンを久しぶりに使ってみました。
スムースな音ですが、音の抜けが良くないのが気になります。
一昔前のバンドル品と比べればかなり良いバランスで、幅広いジャンルでそこそこなレベルで聴けそうです。が、「音楽をもっと楽しむために」と考えると、違う方法で聴いてください!とお勧めします。

小型スピーカーで聴く

机の上のパソコンの横に置くようなサイズのスピーカーでも聴いてみました。
大きな音が出せないという場所でも、スピーカーで鳴らす選択肢を持つことを強くオススメします。
部屋に朝日が入る、昼の日差しが入る、夕日が入る、日光が入らなくても間接照明を置いたり、無くてもライトの色を変えてみたりするのも楽しいものです。
そしてスピーカーで音を空気に放つと私はそれだけで世界が変わる気がします。
イヤフォンやヘッドフォンで聴くとその曲に没入できますが、スピーカーで聴くと照明の色で雰囲気が変わるように、その曲がその空間の雰囲気を変えてくれます。
zionoteの試聴環境では、昼過ぎから夕方にかけて西日が入りますが、その時間帯にこのアルバムが最高にマッチします。

世界一のDivaを、UCOTECH史上最高のDivaイヤフォンで聴く

es-0007

UCOTECHのイヤフォン職人が情熱と時間をかけてかけてかけまくって作り上げた女性ボーカル特化型イヤフォン、ES1003Divaで聴くと!
歌い出しの一瞬で日の出で世界に光が差し込むように、サビにかけて朝日で世界が輝くように、音が耳に頭に、心に響きます。ぜひこの思いを体験していただきたいです。
来週から11月ですね。11月は開発やチューニングをこの曲も使ってみますので、ぜひお使いの機材でこの曲を聴いて、私の感じ方との違いや共通点などを考えるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。
再生環境
イヤフォン:Apple EarPods with Remote and Mic、UCOTECH ES1003Diva
iPhone6S:標準プレイヤー
パソコン:nucbox KVM/i7-5500U開発機(オンボード音声出力)、foobar2000(WASAPI)