オーディオPC、DigiFi X-24-C発売

IMG_0796

zionote株式会社は、オーディオメーカーとパソコンメーカーと共同して開発を行ったオーディオPC、DigiFi X-24-Cを7月6日(月)に発売致します。

ファンレス・オーディオPC

オーディオメーカーが開発したオーディオ部分
ファンレスPCメーカーが開発したパソコン部分
そしてDigiFiとzionoteが企画・チューニングを行い、これまでにないオーディオとしてもパソコンとして一級品のオーディオPCが完成しました。

専用設計のUSB-DAC

X-24のために開発したのオーディオ回路を搭載します。
NUCの小型サイズを活かしながら、DD変換回路、DA変換回路、アナログ出力回路、ヘッドフォンアンプの全てが高音質設計です。

専用設計のシャシー

パソコンメーカーのShadowSystemsがNUCを使用したファンレスオーディオパソコンとして専用に新規設計したシャシーです。
小型で堅牢、そしてファンレスでも熱の問題が無い、ShadowSystemsだからこそできたNUCベースのオーディオパソコンです。

AudioPC?PCaudio?

オーディオパソコンとして企画したされたX-24は、パソコン部分を
ShadowSystems、オーディオ部分をJAVSが開発しました。

オーディオパソコンなのか、PCオーディオ機なのか。

パソコンメーカーが作ったオーディオ機器ではなく、オーディオメーカーが作ったパソコンではなく、パソコンとオーディオを知りPCオーディオを扱ってきたDigiFiとzionoteが協力し、パソコンメーカーのShadowSystems、オーディオメーカーのJAVSの力によって実現したAudioPCです。

JAVS

数々の名機を作ってきたJAVSは、もともと他社の依頼を請けてDACやアンプを開発生産するOEM/ODMメーカーです。
大ヒットシリーズのDAコンバーター、マイクプリアンプ、最近では人気のスマートフォンと直結できるDACもこのメーカーの開発によるものです。

JAVS X-nanoベースのオーディオ回路

オーディオ回路はJAVS X-nanoをベースにしたX-24専用設計のオリジナルオーディオ回路を搭載しました。
NUCの電源を使えるため、5VのUSBバスパワーは使用せず、電源部の強化によりパワフルで繊細な高音質再生が可能です。

高音質ヘッドフォンアンプ搭載

X-nano譲りの高音質ヘッドフォンアンプを搭載しています。
イヤフォン出力は低インピーダンスにマッチングさせた3.5mm端子、ヘッドフォン出力はハイインピーダンスの高性能ヘッドフォンの性能を引き出す標準フォン端子を搭載しました。

DSD対応

PCM24Bit/192kHz対応、DSD64/128対応のハイレゾ再生が可能です。
24/192やDSDなら音が良いというわけではありません。
X-DAC-HDSD、X3-HDSD-DAC、X3-HDSD-HPA、X-nanoと高音質なオーディオ機種を開発してきたJAVSならではなの、真のオーディオ機能を搭載しています。

高音質アナログ出力

背面にはRCA端子のライン出力を搭載しました。
アンプ内蔵スピーカーやアンプに接続してX-24をソースとしてお使い頂けます。

音量固定/可変切り換え機能

背面のライン出力は音量固定かボリューム可変かスイッチで切り替え可能です。
スピーカーで音量調整しにくい場合はX-24のボリュームで調整し、アンプで調整したい時はX-24のボリュームをバイパスして出力可能です。

ご購入

発売日:2015年7月6日(月)
画像はご自由にお使いください。
------------------------------
製品名:DigiFi X-24-C
(デジファイ エックスニジュウヨンシー)
税込価格:86,400円円(税抜:80,000円)

X-24-C製品ページ
http://www.nucbox.jp/fanless/dacpc-digifi-x-24/

zionote株式会社

Home

info@zionote.com