オーディオ用USBハブ、tX-USBhubIn発売

SOtMのtX-USBhubInが明日発売です。

PCIスロットが無いマザーボードでも、SOtMのtX-USBシリーズを使えるようになりました。

USBのノイズフィルターを使う方が増えてますが、USB信号を生成する段階からオーディオグレードで処理するというコンセプトがSOtMのtX-USBシリーズです。

今までのtX-USBシリーズはPCIスロットやPCIexpressスロットでの接続でしたが、tX-USBhubInはマザーボードのUSBピン接続なのでPCIスロットが無いパソコンでも使えます。

SOtM tX-USBhubIn

 

IMG_2364

基板上にクロックとICが見えます。
単なるUSBノイズフィルターではありません。
もちろんノイズフィルターを搭載していますが、パソコン内部のマザーボードからUSB信号を入力し、tX-USBhubInでクロックと電源を処理し、USB出力を行うオーディオ用USBハブです。
SOtMの検証でもzionoteのテストでも、tX-USBexpと同レベルの音質向上効果が得られています。

H480xIMG_8026-495x400

PCIスロットが無いパソコンでも、これだけのUSBオーディオの音質向上を得られるようになったのはSOtMの技術のおかげです。
SOtMはUSBオーディオの音質向上における着眼点と技術力が素晴らしいメーカーです。

SOtMの電源mBPS-d2sはSOtM製品用ですが、M2TECHのhiFace Evoユーザーにも高い評価を受けている電源です。

H480xIMG_8004-495x400

mBPS-d2sの音質向上効果は非常に高く、tX-USBexpと一緒に使うことでUSBバスパワーにmBPS-d2sの電源を流せますが、tX-USBhubInもmBPS-d2sを使ってUSB電源をmBPS-d2sに使えます。

IMG_2366

マザーボードのUSBヘッダーピンの種類によって、2種類のジェンダーを使って接続します。

IMG_2367

オリジナルの内部配線用USBケーブルが付属します。
このケーブルもSOtMのエンジニアがこだわって選んだ特製ケーブルです。

PCI接続じゃなくてもtX-USBexpと同じレベルの効果があるとは技術の進歩を感じます。

全てのUSBオーディオ製品にお勧めします。